映画ニュース

最終更新日:2020年02月19日 10:58

ブルーリボン賞新人賞を獲得した関水渚が生涯女優宣言「お芝居のとりこに」

第62回ブルーリボン賞の授賞式が2月18日に東京・イイノホールで行われ、新人賞に輝いた関水渚が登壇した。

第62回ブルーリボン賞の授賞式に出席した関水渚。

関水渚

細田佳央太とダブル主演を務めた「町田くんの世界」での演技が評価された関水。映画初主演作での受賞に対して「今でも夢のようです」と口にした彼女は、「撮影中に何度失敗しても、そのたびに向き合ってくださった石井(裕也)監督のおかげです」と感謝を述べる。続けて「石井監督にはお芝居の難しさや奥深さ、すべてのことを教えていただきました。おかげでお芝居のとりこになり、これから一生続けられたらと思うようになりました」と語った。

第62回ブルーリボン賞授賞式の様子。左から舘ひろし、関水渚、門脇麦。

授賞式の司会を務めた舘ひろしに「今後はどんな役を演じたいか」と問われると、「なんでもチャレンジしてみたいです」と答えた関水。さらに舘から「例えば(舘の)娘役とかは?」と冗談交じりにオファーされると、「いいんですか? やらせていただけるのであれば!」と満面の笑みでやる気を見せていた。

映画ナタリー