映画ニュース

最終更新日:2020年02月17日 12:33

「ホドロフスキーのサイコマジック」4月公開決定、悩める人々が癒やされる予告解禁

アレハンドロ・ホドロフスキーの新作「ホドロフスキーのサイコマジック」が、4月24日より東京・UPLINK渋谷、UPLINK吉祥寺、新宿シネマカリテほか全国で順次公開されることが決まった。

「ホドロフスキーのサイコマジック」

「ホドロフスキーのサイコマジック」ビジュアル
「ホドロフスキーのサイコマジック」

ホドロフスキーが考案した「サイコマジック」とは、言葉ではなく行為で人々の無意識に訴えかけて癒やしを行う心理療法。実際にホドロフスキーのもとへ悩み相談に訪れた10組の人々が出演する本作では、サイコマジックがどのように実践され、作用するかを描く。なおホドロフスキーは自身をフロイトと対置したうえで、サイコマジックは科学が基礎とされる精神分析的なセラピーではなく、アートとしてのアプローチから生まれたものであると語っている。

このたび解禁された予告編には、さまざまな形のサイコマジックが行われる様子を収録。また「ホドロフスキーの映画は全て“サイコマジック”だった」という言葉も映し出されている。また本作のビジュアルはコラージュアーティストの河村康輔が手がけた。

アレハンドロ・ホドロフスキー コメント

私にとっては、サイコマジックはアートである。
惜しみなく与えることは歓びのためにやっているんだ。
私は、グルでもないし、医者でもない。アーティストだ。
アートが人を癒やすことができると証明しようとしているんだ。

(c)SATORI FILMS FRANCE 2019 (c)Pascal Montandon-Jodorowsky

映画ナタリー