映画ニュース

最終更新日:2020年02月15日 12:13

犬は愛を返してくれる、ハリソン・フォード主演作「野性の呼び声」特別映像

「野性の呼び声」より、主演のハリソン・フォードが犬への深い愛を語る特別映像とコメントが到着した。

「野性の呼び声」

「野性の呼び声」ポスタービジュアル

ジャック・ロンドンによる冒険小説をもとに、秘境アラスカで地図にない地を目指し旅する男・ソーントンと名犬バックの言葉を越えた友情を描いた本作。プライベートでも犬と暮らしているフォードは「今は4匹の犬を飼っているよ。どれも救助されたり、保護されたり、街角で見つけたりした犬ばかりなんだ。それぞれ違う性格だから、私との関係性も特徴や性格で異なる。映画の中には『私の犬も同じようなことをしていたな』と思い出させてくれる瞬間があった」と、バックを通して愛犬との生活を思い出したことを明かしている。

本作では、愛する息子を失い孤独な旅を続ける男ソーントンが、ある日数奇な運命に導かれ、犬ぞりの先導犬を務めるバックと出会う。YouTubeで公開中の映像で、フォードは「ソーントンはバックに出会い、冒険の相棒を得た。人生を変える出会いだ。バックにとってもね」「愛情を持って接すれば犬は愛を返してくれる」と語っている。最後にはソーントンの「お前は最高の相棒だ……」というセリフも。

「ヒックとドラゴン」のクリス・サンダースが監督を務めた「野性の呼び声」は2月28日より全国ロードショー。

(c)2019 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリー