音楽ニュース

最終更新日:2020年02月11日 14:31

宮本佳林が6月にJuice=Juice&ハロプロから卒業、以降はソロで活動

Juice=Juiceの宮本佳林が、6月をもってJuice=Juiceおよびハロー!プロジェクトを卒業することを発表した。

宮本佳林(Juice=Juice)

宮本はYouTubeチャンネル「ハロ!ステ」を通じてコメントを発表。卒業後はソロで活動していくことを報告し、歌やダンスで表現していくことはもちろん、DIYやインテリアなどのものづくりにも取り組み、SNSなどで発信していきたいと語った。その準備をするべく、宮本はグループおよびハロー!プロジェクトからの卒業を決断したそうで「新しいことに挑戦することで想像力や感受性を高めて自分なりの世界観を作ってパフォーマンスに生かしていきたい」「卒業してもJuice=Juiceやハロー!プロジェクトのメンバーといろんな形で共演していけたらいいなと思っています」と今後の意気込みを語った。

Juice=Juiceメンバーとして宮本がライブ活動を行うのは4月25日から5月31日まで続く「Juice=Juice CONCERT TOUR 2020 春」が最後。卒業公演の具体的な日程や会場は追って発表される。また6月5日から行われる、「Juice=Juiceと過ごすロシア・ウラジオストクツアー」にも参加する。

宮本は2008年に11月にハロプロエッグ(現:ハロプロ研修生)としてハロー!プロジェクトに所属。2013年にハロプロ研修生内のユニットとして結成されたJuice=Juiceのメンバーに選出され、シングル「ロマンスの途中 / 私が言う前に抱きしめなきゃね(MEMORIAL EDIT) / 五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT)」でメジャーデビューを果たした。

Juice=Juiceは現在発表済みの活動に加え、4月1日にニューシングル「ポップミュージック / 好きって言ってよ」をリリースすることが決定。秋には宮本のソロ公演も実施予定であることもアナウンスされた。

音楽ナタリー