映画ニュース

最終更新日:2020年02月10日 10:03

金子大地&石川瑠華W主演作の特報、“これはただのラブストーリーのひとつだ”

金子大地と石川瑠華のダブル主演作「猿楽町で会いましょう」の公開日が6月5日に決定。特報映像がYouTubeで解禁された。

「猿楽町で会いましょう」ポスタービジュアル

「猿楽町で会いましょう」
「猿楽町で会いましょう」

第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された本作は、駆け出しのフォトグラファー小山田と読者モデル・ユカの関係を描くラブストーリー。小山田が東京・猿楽町で撮ったユカの写真が、2人の運命を大きく変えていくさまが描かれる。第2回「第2回未完成映画予告編大賞 MI-CAN」でグランプリに輝いた予告編をもとにした映画で、これが商業デビュー作となる児山隆が監督と脚本を担当した。

「猿楽町で会いましょう」
「猿楽町で会いましょう」

児山が自ら編集を手がけた特報は、小山田が「彼氏とかいないの?」とユカに尋ねるシーンから始まり、カメラのシャッター音とともに彼らのさまざまな姿が切り取られていくもの。「これはただのラブストーリーのひとつだ」という語りも収められた。児山は「僕はこの特報の発表をもって、賞を獲った予告編と良い意味で訣別できたらと思っています。挑発的な予告編に仕上げました」とコメントしている。

なお、ポスタービジュアルや劇中で小山田が撮る写真は、フォトグラファーの草野庸子が撮影した。

「猿楽町で会いましょう」は、東京・WHITE CINE QUINTOほか全国で順次公開。ユカの元恋人・良平役で柳俊太郎、ユカがタレント養成学校で出会う友人・久子役で小西桜子、雑誌編集者役で前野健太も出演に名を連ねる。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

児山隆 コメント

「猿楽町で会いましょう」は予告編から始まった映画です。
ただ僕はこの特報の発表をもって、賞を獲った予告編と良い意味で訣別できたらと思っています。挑発的な予告編に仕上げました。公開を楽しみにしていてください。

(c)2019オフィスクレッシェンド

映画ナタリー