映画ニュース

最終更新日:2020年02月08日 21:48

ゴールデンラズベリー賞「キャッツ」が最多9ノミネート、「ランボー」新作が続く

2019年にアメリカで公開された作品から“最低映画”を選ぶ、第40回ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)のノミネーションがアメリカ現地時間2月7日に発表された。

「キャッツ」ビジュアル (c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

トム・フーパーが同名ミュージカルを実写化した「キャッツ」は、公開前よりネット上でのさまざまなレビューが話題となっていたが、このたび最多9ノミネートを果たした。最低作品賞をはじめ、フランチェスカ・ヘイワードが最低主演女優賞、ジュディ・デンチとレベル・ウィルソンが最低助演女優賞、ジェームズ・コーデンが最低助演男優賞、フーパーが最低監督賞の候補となっている。

続いて8部門でノミネートされたのは、シルヴェスター・スタローン主演でおなじみの「ランボー」シリーズ最新作「Rambo: Last Blood(原題)」。タイラー・ペリーが監督および主演を務めるコメディシリーズの最新作「タイラー・ペリー マデアの家族葬」も同数の8ノミネートに。本年限定の「もっとも人命と公共物を軽視している映画」部門では「ジョーカー」などが候補となった。

「ハスラーズ」ポスタービジュアル (c)2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

また名誉挽回賞には「ルディ・レイ・ムーア」のエディ・マーフィ、「アンカット・ダイヤモンド」のアダム・サンドラー、「ハスラーズ」のジェニファー・ロペスといった、ラジー賞の受賞やノミネートの常連と言える俳優たちの名が並んでいる。なお結果発表の日程はまだアナウンスされていない。

「キャッツ」「ハスラーズ」は全国で上映中。なお第92回アカデミー賞授賞式は、日本時間2月10日に行われる。

第40回ゴールデンラズベリー賞 ノミネーション

最低作品賞

「キャッツ」
「The Fanatic(原題)」
「ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊」
「タイラー・ペリー マデアの家族葬」
「Rambo: Last Blood(原題)」

最低主演男優賞

ジェームズ・フランコ「Zeroville(原題)」
デヴィッド・ハーバー「ヘルボーイ」
マシュー・マコノヒー「セレニティー:平穏の海」
シルヴェスター・スタローン「Rambo: Last Blood」
ジョン・トラボルタ「The Fanatic」「ワイルド・レース」

最低主演女優賞

ヒラリー・ダフ「ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊」
アン・ハサウェイ「The Hustle(原題)」「セレニティー:平穏の海」
フランチェスカ・ヘイワード「キャッツ」
タイラー・ペリー(マデア役)「タイラー・ペリー マデアの家族葬」
レベル・ウィルソン「The Hustle」

最低助演女優賞

ジェシカ・チャステイン「X-MEN:ダーク・フェニックス」
キャシー・デイヴィス「タイラー・ペリー マデアの家族葬」
ジュディ・デンチ「キャッツ」
フェネッサ・ピネダ「Rambo: Last Blood」
レベル・ウィルソン「キャッツ」

最低助演男優賞

ジェームズ・コーデン「キャッツ」
タイラー・ペリー(ジョー役)「タイラー・ペリー マデアの家族葬」
タイラー・ペリー(ヒースローおじさん役)「タイラー・ペリー マデアの家族葬」
セス・ローゲン「Zeroville」
ブルース・ウィリス「ミスター・ガラス」

最低スクリーンコンボ賞

2匹の半猫 / 半人間の毛玉たち「キャッツ」
ジェイソン・デルーロとCGIで去勢された“出っ張り”「キャッツ」
タイラー・ペリーとタイラー・ペリー(あるいはタイラー・ペリー)「タイラー・ペリー マデアの家族葬」
シルヴェスター・スタローンと彼の無力な怒り「Rambo: Last Blood」
ジョン・トラボルタと彼が受け入れたすべての脚本

最低監督賞

フレッド・ダースト「The Fanatic」
ジェームズ・フランコ「Zeroville」
エイドリアン・グランバーグ「Rambo: Last Blood」
トム・フーパー「キャッツ」
ニール・マーシャル「ヘルボーイ」

最低脚本賞

「キャッツ」リー・ホール、トム・フーパー
「ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊」ダニエル・ファランズ
「ヘルボーイ」アンドリュー・コスビー
「タイラー・ペリー マデアの家族葬」タイラー・ペリー
「Rambo: Last Blood」マシュー・サーアルニック、シルヴェスター・スタローン

最低リメイク、パクリ、続編映画賞

「X-MEN:ダーク・フェニックス」
「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
「ヘルボーイ」
「タイラー・ペリー マデアの家族葬」
「Rambo: Last Blood」

もっとも人命と公共物を軽視している映画

「Dragged Across Concrete(原題)」
「ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊」
「ヘルボーイ」
「ジョーカー」
「Rambo: Last Blood」

名誉挽回賞

エディ・マーフィ「ルディ・レイ・ムーア」
キアヌ・リーヴス「ジョン・ウィック:パラベラム」「トイ・ストーリー4」
アダム・サンドラー「アンカット・ダイヤモンド」
ジェニファー・ロペス「ハスラーズ」
ウィル・スミス「アラジン」

映画ナタリー