映画ニュース

最終更新日:2020年02月06日 11:58

大沢たかおが三代目JSBへ加入希望?「AI崩壊」撮影中、岩田剛典に年齢制限聞く

「AI崩壊」の舞台挨拶が2月5日に大阪・大阪ステーションシティシネマで行われ、キャストの大沢たかお、岩田剛典(EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、監督の入江悠が登壇した。

「AI崩壊」舞台挨拶の様子。左から入江悠、大沢たかお、岩田剛典。

「AI崩壊」ポスタービジュアル

AIが国民生活に浸透した2030年の日本が舞台の本作は、画期的な医療AI「のぞみ」を生み出した天才科学者・桐生浩介を主人公とするサスペンス。自身が開発したAIを暴走させたテロリストとみなされ逃亡者となる桐生を大沢が演じる。

1月31日に封切られ、興行収入・週末動員ともに初登場で1位を獲得した本作。周囲の反応を問われた大沢は「公開すると僕たちの手を離れてしまうし、こういう場でしか反応を聞くことができないので、初登場1位のニュースもネットで知りました(笑)。1人でも多くの人にこの作品を観てほしいと思います」と述べ、オリジナル脚本を手がけた入江も「オリジナル作品で近未来の映画っていうのはなかなか実現できないジャンルなので評価をいただけてうれしいです」と喜ぶ。

大阪で行われたロケの感想について大沢が「地下でずっと走ってました(笑)。なのでなかなか地上に出ることもなく大阪をあまり満喫できませんでしたね」と述べるも、スクリーンには、彼が通天閣の前で撮影した写真が映し出される。大沢は「何もしてないは嘘ですね(笑)。実は撮影終わった後に、通天閣近くでスタッフみんなでごはんを食べました。大阪の思い出の1枚です」と回想した。

続いて、今回初共演となった大沢と岩田が、お互いの印象について語り合う。岩田は「撮影する前はクールな印象だったんですが、全然違って気さくでコミュニケーションも取ってくださるのでだいぶ印象が変わりましたね」と述べる。大沢が岩田について「本当にかっこいいし、どこへ行っても人気者。でも撮影になると緊迫した姿で俳優としてもオーラがあって刺激を受けました。撮影中は全然お話できなかったので、終わってからたくさん話をしました。次の三代目 J SOUL BROTHERSのオーディションはいつあるの?とか年齢制限を聞いたりしましたね」と明かすと、岩田が「HIROさんに相談しておきます」と答え、観客を笑わせた。

ここで、舞台挨拶に参加できなかったキャストの賀来賢人が生電話で参加するというサプライズが。会場からの盛大な拍手を受けて賀来は「素敵! 大阪大好きです!」と喜び、「まだ観ていない方は最初から最後までスピーディーにいろんなことが展開する最高のエンタテインメントになっています。観たことある方は何度観ても違う発見があるし、また違う捉え方ができるラストになっていると思うので、ぜひ皆さん最後まで楽しんでいってください」と呼びかけた。

「AI崩壊」は全国で公開中。

(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会

映画ナタリー