映画ニュース

最終更新日:2020年02月04日 10:08

映画は突然死んだ、スーダンの映画館復興追った「ようこそ、革命シネマへ」予告解禁

「ようこそ、革命シネマへ」の予告編がYouTubeで解禁された。

「ようこそ、革命シネマへ」

「ようこそ、革命シネマへ」

本作は映画館の復興に向けて活動する老人たちの姿を通して、スーダンの過酷な歴史を浮き彫りにするドキュメンタリー。映画に登場するのは、海外で映画を学び母国に映画文化を根付かせようと、1989年に「スーダン・フィルム・グループ」を設立したイブラヒム、スレイマン、エルタイブ、マナルの4人だ。彼らは軍事独裁政権の成立後、表現の自由を奪われたうえに政治犯として拘禁され、国外への亡命を余儀なくされた。

「ようこそ、革命シネマへ」
「ようこそ、革命シネマへ」

映画産業が崩壊したスーダンで、20年の時を経て再会した4人。予告は「映画は突然死んだ」という言葉とともに、かつて製作されたスーダン映画のモノクロ映像から幕を開ける。彼らは映画館復興のため、すでに廃墟となった映画館の清掃やスクリーンの手配、若者への聞き込みなどを行っていく。「映画の新しい始まりを願おう」と語りながら、地面に若木を植える様子も。

テレビドキュメンタリー「Sudan’s Forgotten Films(原題)」のスハイブ・ガスメルバリが監督を務めた「ようこそ、革命シネマへ」は、3月下旬より東京・ユーロスペースほか全国で順次ロードショー。

(c)AGAT Films & Cie – Sudanese Film Group – MADE IN GERMANY Filmproduktion – GOI-GOI Productions – Video de Poche – Doha Film Institute – 2019

映画ナタリー