映画ニュース

最終更新日:2020年02月03日 17:28

ゲイツ押田岳を子供たちが質問攻め「カラオケで何歌う?」「祝え!って大事なの?」

「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」のキャストトークショーが、本日2月3日に東京・東京ソラマチのJ:COM Wonder Studioで開催され、主演の押田岳が登壇した。

押田岳

子供たちから大歓声を受ける押田岳。

「仮面ライダージオウ」のスピンオフにあたる「ゲイツ、マジェスティ」は、押田演じる明光院ゲイツ / 仮面ライダーゲイツを主人公とした作品。「仮面ライダージオウ」の最終回後を舞台とした物語が描かれる。奥野壮、大幡しえり、渡邊圭祐、戸谷公人、村上幸平、木ノ本嶺浩、岩永洋昭も出演した。

押田岳

子供から大人まで、イベントスペースに収まりきらないほど多くのファンから歓声を受けた押田。「こんなに来てくださると思わなかった……今日月曜ですよね? みんな、学校どうした?」と心配し始める。本作で主演を務めた心境に触れ「いやー、ようやく奥野の前に立てるのか、と(笑)。1年間サポート役に徹してきましたが、ようやく俺が一番か!と思いました。皆さんがSNS(で応援)やファンレターを送ってくださって、全部読んでいたので本当に力になっていました」とファンに感謝。また主演にあたって奥野に相談した際のことを「『がっくんの好きなようにやればいいよ』と言ってくれた」と明かした。

子供から質問を受ける押田岳。

奥野とのプライベートでの交流について聞かれた押田は「最初に挨拶した1週間後に、2人でカラオケに行ったんです。そうしたら、歌の趣味がこれまた合う! そこで一気に打ち解けました」と回想。また、本作にレジェンド2号ライダーが登場していることに関して「特に、仮面ライダーアクセル役の木ノ本さんと仲良くさせてもらいました。もともと木ノ本さんは、スウォルツ役の兼崎健太郎さんと仲良しだったんです。ウォズ役の圭祐も入れて“大人組”でごはんに行きました」と笑顔で話した。

子供と目線を合わせて話す押田岳。

子供たちに向け、仮面ライダーになるためのアドバイスを求められた押田は「先生の言うことをちゃんと聞いて、友達に優しくして、元気にしていれば仮面ライダーになれるから。いつかお兄ちゃんと一緒に変身して戦おう!」と優しく語りかける。さらに自身の幼少期を振り返り「どっちかと言うと、“5人いるほう”のブルーになりたかったんです(笑)」とクールキャラへの憧れを告白し、ファンから「ああー」とうなずかれていた。

ここからは、会場の子供たちから質問を募ることに。「ゲイツ以外の仮面ライダーで何が好き?」という質問に押田は「やっぱりジオウかな。僕はサブライダーが好きで、グリスのお兄さんやクローズのお兄さんが好きだったんだけど、1年間ジオウと一緒に戦ってたら、ジオウが一番好きになった」と愛を明かす。「ゲイツ、カラオケで何歌う?」と聞かれると「主題歌の『Over “Quartzer”』。あと、お兄ちゃん1曲持ってるからね。それも歌うよ」とゲイツのキャラソング「FUTURE GUARDIAN」を挙げるが、「でもカラオケで75点しか出ないの、どういうこと!? 本人ですよ!?」と嘆いた。

子供の話に耳を傾ける押田岳。

さらに子供たちからの質問攻めは続く。「気に入っているフォームは?」という問いに、「大人の話になっちゃうんですけど……」と切り出した押田は「ゲイツリバイブ剛烈が一番好き。最初のパワーアップフォームだからこだわった部分もあります。(ゲイツリバイブ)疾風は、動きが速いから合成が多かったりするんですよ。でも剛烈は(スーツアクターの)縄田(雄哉)さんのアクションが観られるので」と答える。またウォズのおなじみのセリフについて、ある子供が「『祝え!』って言うやつ、本当に大事なのかわからない」と辛辣に述べると、押田は「これはウォズの存在意義に関わる問題なので……(笑)。すごく大事なんだと思う。今度会ったら、ウォズのお兄ちゃんに聞いとくね」と切り替えした。

ファンとハイタッチする仮面ライダーゲイツマジェスティ。

終盤では「映画の悪者は強かったですか?」という声に対し、押田が「強かったよ! アナザーディエンドが敵なんだけど、誰が変身するのか、めちゃくちゃ楽しみにしてて」と見どころを解説。そして「好きな食べ物はなんですか?」と聞かれ、押田は「バナナが好きだよ。ゲイツのゴリラのシーンがあったの覚えてる? あれからよくバナナ食べてるよ」と答えて笑いを起こす。最後に押田は「『仮面ライダージオウ』を1年間応援していただきましたが、これでおそらく最後になってしまうと思いますので、僕らが一生懸命作った作品を目に焼き付けていただければ。劇場にぜひ起こしください!」と挨拶。そして押田と交代で変身後の仮面ライダーゲイツマジェスティが登場し、ファンとの握手会を行った。

毛利亘宏が脚本、諸田敏が監督を担当した「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」は2月28日から期間限定上映されたのち、4月22日にBlu-ray / DVDがリリースされる。なおJ:COMの東映チャンネルHDでは、2月9日から「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」などを特集放送する。

(c)2020 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

映画ナタリー