映画ニュース

最終更新日:2020年01月29日 12:48

「男と女 人生最良の日々」は偶然と奇跡の賜物、クロード・ルルーシュが語る新映像

クロード・ルルーシュが監督を務めた「男と女 人生最良の日々」の新たな映像がYouTubeで公開された。

「男と女 人生最良の日々」ポスタービジュアル

1966年に公開されたルルーシュの出世作「男と女」の53年後を描く本作。劇中では、老人ホームで暮らし、かつての記憶を失いかけているジャン・ルイのため、彼の息子が父の思い出の女性アンヌを探すこととなる。アンヌ役でアヌーク・エーメ、ジャン・ルイ役でジャン=ルイ・トランティニャンが出演。

「男と女 人生最良の日々」

映像は、本作や「男と女」の本編の一部、メイキング映像で構成されたもの。アンヌとジャン・ルイがオープンカーに乗る場面を撮影する様子や、ルルーシュが直接エーメとトランティニャンに演技指導する姿が切り取られた。またルルーシュの「『男と女』を観ていない人も楽しめるように作った」「この作品は偶然と奇跡の賜物だと思う」という言葉も。

「男と女 人生最良の日々」は、1月31日より東京のTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国でロードショー。

(c)2019 Les Films 13 ‒ Davis Films ‒ France 2 Ciema

映画ナタリー