映画ニュース

最終更新日:2020年01月24日 21:53

橋本環奈が「シグナル100」の“怖い”現場回想、小関裕太は瀬戸利樹の動きまねる

「シグナル100」の初日舞台挨拶が本日1月24日に東京・丸の内TOEIで行われ、キャストの橋本環奈、小関裕太、瀬戸利樹、甲斐翔真、中尾暢樹、福山翔大、中田圭祐、山田愛奈、若月佑美、恒松祐里、監督の竹葉リサが登壇した。

「シグナル100」初日舞台挨拶の様子。左から瀬戸利樹、橋本環奈、小関裕太。

橋本環奈
小関裕太
瀬戸利樹

“シグナル”となる100の行為をきっかけに自殺するよう催眠をかけられた36人の生徒が、デスゲームに翻弄されていく姿を描く本作。まずは同年代のキャストとの撮影について、橋本が「いい雰囲気で撮影が進みました。プライベートで会っているメンバーも多いと思いますよ」と振り返る。続いて小関が「みんなでゆるい動画シリーズも撮ったよね」と映画の公式SNSにアップされている動画について話すと、瀬戸が「僕はあまり動画には出られなかったんですよ。でもそうこぼしたら、僕の動画を上げてもらえるようになったのでよかったです!」とおどけて笑顔を見せる。主にカメラ係だったという瀬戸に対し中尾は「利樹が動画を撮っているところを撮りましたね」と笑い、小関は「映ってないのに、踊ってるみんなと一緒の動きをしてました」と当時の瀬戸の動きをまねて笑いを誘った。

甲斐翔真
福山翔大
「シグナル100」初日舞台挨拶の様子。

携帯の電波がつながりにくい場所がロケ地だったということで、一行は“昔ながらの遊び”で撮影の合間を楽しんだという。「みんなでやまびこをやって遊んでましたね」と小関が言うと、甲斐と中田はそれぞれ「『シグナル100』と叫びました」「本当に声が返って来たよね。生まれて初めてだったよ」と懐かしむ。また若月は「ケータリングを食べるときは調理室みたいな場所でみんなでおぼんを持って並んで、配膳してもらいました。1つのテーブルで何人かでわいわい食べて楽しかったです」とうれしそうに口にした。橋本は「でも特殊メイクをした状態だったので、血まみれでごはんを食べている人もいて怖くて(笑)」と言い、小関も「刃物が刺さったまま食べてる人もいたよね。肉がメニューの日は食べにくかったです」と笑いながら同意する。

「シグナル100」初日舞台挨拶の様子。
バーボンを飲みつつ靴磨きをするさまを表現する小関裕太(左)。
左から中尾暢樹、甲斐翔真。

イベント中盤には、本作がブリュッセル国際ファンタスティック映画祭から招待を受けていることが明かされた。竹葉は「Jホラーや東映のバイオレンス映画は海外にコアなファンがいるので、そういうものが好きなお客さんに楽しんでもらえたらうれしいです」と意気込みを見せる。また第44回エランドール賞の新人賞に先日選出された橋本はMCから2019年の総括を聞かれ、「これが20歳になって初めての作品だったのですが、楽しく撮影できました。題材的に挑戦的な映画から始まることができた、充実した1年でしたね」と満足そうに語った。続いて、2020年の抱負をキャスト陣がフリップで発表するコーナーがスタート。瀬戸が「見た目と中身のギャップをなくしたいんです」、中尾が「一人旅をしたいですね」と話す中、「零歳」という文字を掲げた竹葉は衝撃を受けたという深作欣二の「バトル・ロワイアル」を挙げて「あの作品を観たのがちょうど2000年でした。あれから20年ということで、新たに生まれ変わった気持ちで純粋なものを作りたいです」と話し、イベントを締めくくった。

宮月新が原作、近藤しぐれが作画を手がける同名マンガをもとにした「シグナル100」は全国で公開中。なお脚本は「ザ・ファブル」の渡辺雄介が担当した。

※「シグナル100」はR15+指定作品

(c)2020「シグナル100」製作委員会

映画ナタリー