映画ニュース

最終更新日:2020年01月24日 18:08

エイリアン支配下でレジスタンスが立ち上がる、「猿の惑星/創世記」監督の新作公開

「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」のルパート・ワイアット監督作「Captive State」が、「囚われた国家」の邦題で公開される。

「囚われた国家」

本作は地球外生命体(エイリアン)による侵略から9年後、2027年の米シカゴを舞台とした近未来SFサスペンス。「犯罪の事前抑止」という大義名分のもと全市民の体にGPSが埋め込まれ、ルールを犯した者は地球外に追放されるという“囚われた国家”で、密かに結成されたレジスタンスグループは“統治者”と呼ばれるエイリアンへの抗戦を計画する。

“統治者”に忠誠を誓うシカゴ警察特捜司令官マリガンに扮したのはジョン・グッドマン。行方不明となったレジスタンスのリーダーであるラファエルをジョナサン・メジャース、ラファエルを探し続ける弟ガブリエルをアシュトン・サンダース、娼館の妖艶な女主人ジェーンをヴェラ・ファーミガが演じている。ワイアットは「アルジェの戦い」「影の軍隊」を手本に、複雑なテロ計画の連絡、準備、決行のプロセスを綿密かつ緊張感たっぷりに描き出した。

「囚われた国家」は4月3日よりイオンシネマほかで全国ロードショー。

(c)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリー