映画ニュース

最終更新日:2020年02月06日 10:48

カトリーヌ・ドヌーヴが実の娘と母子役で共演した新作公開、骨董品から人生描く

カトリーヌ・ドヌーヴの出演作「アンティークの祝祭」が4月下旬より東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

「アンティークの祝祭」

ドヌーヴとその娘であるキアラ・マストロヤンニが母娘役で共演した本作。70歳を超え「今日が私の最期の日」と確信した主人公のクレールは、長年掛けて集めてきたからくり人形、仕掛け時計、肖像画などのコレクションを売りに出す。人生の断片とも言えるコレクションが彼女の切なく悲劇的な記憶をよみがえらせる一方、母の行動を聞き付けた娘マリーが20年ぶりに帰ってくる。

ドヌーヴがクレール、マストロヤンニがマリーを演じた。共演にはアリス・タグリオーニ、ロール・カラミー、サミール・ゲスミが名を連ねる。監督・脚本は「やさしい嘘」「パパの木」で知られるジュリー・ベルトゥチェリが担当した。

(c)Les Films du Poisson – France 2 Cinema – Uccelli Production – Pictanovo

映画ナタリー