映画ニュース

最終更新日:2020年01月15日 12:13

映画制作の技術者に贈られる映画賞の受賞者発表、「Fukushima 50」の先行上映も

映画の作り手にスポットを当てた映画祭、映画のまち調布シネマフェスティバル2020。同イベントで実施される映画賞「第2回 映画のまち調布賞」の受賞者・受賞作品が決定した。

「新聞記者」で撮影賞を受賞した今村圭佑。

「日日是好日」で照明賞を受賞した水野研一。
「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」で録音賞を受賞した鈴木肇。

映画製作の現場を支える技術者に贈られる同賞。撮影賞は「新聞記者」の今村圭佑、照明賞は「日日是好日」の水野研一、録音賞は「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の鈴木肇が受賞した。美術賞は「キングダム」の斎藤岩男、編集賞は「翔んで埼玉」河村信二に決定。作品賞には「天気の子」が選ばれた。功労賞は録音技師の紅谷愃一に授与される。

「Fukushima 50」 (c)2020『Fukushima 50』製作委員会

映画賞の授賞式は2月29日に東京・イオンシネマ シアタス調布で開催。ゲストは2月発表予定だ。授賞式後には、東日本大震災時の福島第一原発事故を描く「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」の先行特別上映が行われる。チケットは1月24日発売。

またトークショーのゲストも明らかに。スケジュール、チケット、登壇者の詳細は映画祭公式サイトで確認しよう。

第2回 映画のまち調布賞 受賞者・受賞作品

撮影賞:「新聞記者」今村圭佑
照明賞:「日日是好日」水野研一
録音賞:「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」鈴木肇
美術賞:「キングダム」斎藤岩男
編集賞:「翔んで埼玉」河村信二
作品賞:「天気の子」
功労賞:紅谷愃一(録音技師)

映画のまち調布シネマフェスティバル2020

2020年2月14日(金)~3月8日(日)東京都 調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布ほか

「第2回映画のまち調布賞」授賞式+「Fukushima 50」先行特別上映会

2020年2月29日(土)東京都 イオンシネマ シアタス調布
授賞式開始 17:00 / 上映会開始 18:10
料金:1400円
<司会>
金児憲史 / 楊原京子
<ゲスト>
2月発表予定

映画ナタリー