映画ニュース

最終更新日:2020年01月12日 14:28

「ナイブズ・アウト」舞台となる“刃の館”へのこだわりとは、スポット映像も解禁

ミステリーの女王アガサ・クリスティーの命日である本日1月12日に合わせ、「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」のスポット映像がYouTubeで解禁。あわせて舞台となる“刃の館”について語ったプロダクションデザイナーのコメントが到着した。

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」ビジュアル

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」日本版本ポスタービジュアル

本作はダニエル・クレイグ演じる名探偵ブノワ・ブランを主人公に、ニューヨークの豪邸で起きた世界的ミステリー作家ハーランの殺人事件を描いたミステリー。刃の館の美術には、不気味な趣味であふれるハーラン家のキャラクターの個性が反映された。

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」 Photo Credit: Claire Folger

「ザ・マスター」「インヒアレント・ヴァイス」で知られるプロダクションデザイナーのデヴィッド・クランクは「まずライアン(・ジョンソン)と私が相談したのは、ハーランが自身の著書の中で描いた、外を向いた鏡の世界を彼の家で表現することだった」と振り返る。クランクは現代の豪邸として使えそうな個性的な家を自ら探しに出かけ、ボストンの郊外に完璧な邸宅を見つけた。

ライアン・ジョンソン

それは1890年代に建てられた豪勢なゴシックリバイバルの建築で、オーナーの一家が一度も手放すことなく住んでおり、中世の城をイメージした造りや短剣のような尖塔など、作品にも多くのインスピレーションを与えたという。ジョンソンは「編集の作業中でさえ発見があった。きっと観客も大いに楽しめると思うよ」と語っている。

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」は、1月31日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

Motion Picture Artwork (c)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

映画ナタリー