映画ニュース

最終更新日:2020年01月09日 07:13

“史上もっとも重要な経済学書”がドキュメンタリー映画化、「21世紀の資本」公開

フランスの経済学者トマ・ピケティによる同名の経済学書をもとにしたドキュメンタリー「21世紀の資本」の公開が決定。ティザービジュアルも到着した。

「21世紀の資本」ティザービジュアル

2014年に日本でも出版された同書。史上もっとも重要な経済学書として世界中から称賛される一方で、700ページという大作のため、完読が困難という声もある。そこでピケティ自ら監修、出演し、一般の人にも五感だけで理解できるように映画化したのが本作だ。著名な経済学者とともに、本で実証した理論を難しい数式など一切使わずに映像で表現。また「ウォール街」「プライドと偏見」「レ・ミゼラブル」「ザ・シンプソンズ」といった映像作品や小説、ポップカルチャーを用いて、過去300年の世界各国の歴史を“資本”の観点から切り取った。そのほか昭和の高度経済成長や平成のリーマンショックの真相にも迫る。

ティザービジュアルには「あなたが金持ちになるか、貧乏になるか? その答えは、この映画が教えてくれる」というコピーが。本作を観賞した池上彰は「本も読んでほしいところだが、まずは映画で現実を直視しよう。いくら働いても豊かになれない秘密を映画は教えてくれる」とコメントを寄せた。

ジャスティン・ペンバートンが監督を務めた「21世紀の資本」は3月20日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

(c)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

映画ナタリー