映画ニュース

最終更新日:2020年01月08日 20:18

「his」宮沢氷魚との生活を藤原季節が振り返る「興奮状態で朝まで話したり」

「his」の完成披露試写会が本日1月8日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの宮沢氷魚、藤原季節、外村紗玖良、監督の今泉力哉が登壇した。

「his」完成披露試写会の様子。左から今泉力哉、宮沢氷魚、藤原季節、外村紗玖良。

周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと田舎で暮らす井川迅を主人公とする本作。宮沢が迅、藤原が迅の元恋人・日比野渚、外村が渚の娘・空を演じた。劇中では8年ぶりに再会した迅と渚の物語が描かれる。

今泉力哉

今泉がLGBTを主題とする映画を監督したのは今回が初。「何か新しいものを描きたいと思った」と回想しつつ、脚本を読んだときの感想を「わかりやすく悪人を登場させて物語を作るのは簡単なんですけど、誰も悪い人がいない。どこか弱さを持った人たちの話だと思ったので自分がやる意味があると思いました。引き受けてみたら知らない部分もたくさんあって勉強になりました」と伝えた。

宮沢氷魚
藤原季節
笑い合う藤原季節(左)と外村紗玖良(右)。

宮沢は「もともとLGBT作品に出たかったんです。男子校だったので昔から周りにいて、幼なじみもそうだったので自分にとっては当たり前のことでした。でも、いざ社会に出たらやはり偏見はあって」と真剣な表情で述べ「だからこそ、僕にもできることがあると思いました」と続けた。初めて父親役に挑んだ藤原は、外村と見つめ合いながら「楽しかったねー! いっぱい遊んだもんね」と笑顔に。2人は休憩中によく行っていたという“飛行機遊び”を披露し観客を和ませる。

共同生活を振り返る宮沢氷魚(左)と藤原季節(右)。

役作りのために共同生活をしていた宮沢と藤原。宮沢は「最初は嫌だったんですが……やっぱり助けられました。ありがとね」と感謝の気持ちを伝える。藤原は「激しいシーンの撮影が終わったあとは朝まで寝れなくて、興奮状態で話したりとか。氷魚くんはテレビが好きで、俺がお風呂に入っているときに『季節くーん! イチロー引退するよ!』って。慌ててお風呂から出ましたね」と楽しそうに振り返った。また宮沢は役者としてのファーストキスの相手が藤原だと述べ、「『偽装不倫』というドラマでもそういうシーンはあったんですけど、撮影は『his』が先で」と語る。一方、藤原は「ごめん……ほかにもけっこう」と宮沢以外の人ともキスシーンを経験していたことを明かし、会場に笑いを起こした。

そして宮沢は「すごく満足のいく作品ができました」と自信をのぞかせる。「たくさん考えさせられると思います。皆さんが思ったことが1つひとつの答えです」と鑑賞前の観客に呼びかけ、イベントを締めた。

「his」は1月24日より東京・新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。

(c)2020 映画「his」製作委員会

映画ナタリー