映画ニュース

最終更新日:2020年01月07日 07:03

顔を認識できない“失顔症”にスポット、春花と柾木玲弥が共演する短編製作決定

春花と柾木玲弥が主演する短編映画「失顔」の製作が決定した。

「失顔」イメージビジュアル

岡元雄作

本作は「人は顔がすべて」と考える雑誌モデルの美空が事故に遭い、人の顔を認識できない障害“失顔症”になってしまうことから始まる物語。失顔症の恐ろしさとともに、それを克服する彼女の姿を描くラブストーリーだ。土井康平、奏羽茜、久藤今日子、藤田健彦が共演し、お笑い芸人のゆってぃが友情出演する。メガホンを取るのは「Music Of My Life」「Last Lover ラストラバー」の岡元雄作。

このたび本作のクラウドファンディングも開始された。リターンには限定試写会への招待やメイキング付き限定オリジナルDVD、春花と柾木のサイン入り台本などが用意されている。また1社限定のオフィシャルスポンサーも募集中。

春花 コメント

春花

今回この映画のお仕事をいただいた時、久しぶりの映画のお仕事で少し緊張しました。台本に目を通してみると顔がわからなくなる病気があるのも初めて知って、今の社会のストレスやSNSへの依存とかそういうのも何か含まれてるんじゃないかなと思いました。撮影も楽しみなので丁寧に作っていけたらと思います。

柾木玲弥 コメント

柾木玲弥

田中晃役を演じさせていただくことになりました、柾木玲弥です。
失顔症に焦点を当てた作品になりますが、私自身、失顔症というものを知りませんでしたし、聞いたこともありませんでした。
この作品を通してその症状を知り、そして人にとって顔とは何なのか、外見でその人を判断していいのか、本来、人の見るべき姿はどこにあるのか、そんなことを考えさせられるような映画でした。色々な方に見ていただいて、考えていただいて、何か感じて頂けるように頑張ります。よろしくお願いいたします。

(c)ASTROSANDWICH PICTURES INC.

映画ナタリー