映画ニュース

最終更新日:2020年01月02日 17:03

ニコール・キッドマンがセクハラ告発するキャスター演じた「スキャンダル」新写真

「スキャンダル」よりニコール・キッドマンを捉えた場面写真3点が公開された。

「スキャンダル」新場面写真

「スキャンダル」新場面写真

2016年に米テレビ局・FOXニュースで実際に起こったスキャンダルをもとにした本作。シャーリーズ・セロンが売れっ子キャスターのメーガン・ケリー、キッドマンがCEOロジャー・エイルズをセクシャルハラスメントで提訴するキャスターのグレッチェン・カールソン、マーゴット・ロビーが野心を持つ若手キャスターのケイラ・ポスピシルを演じた。場面写真にはグレッチェンがピンクのスーツを着てカメラの前に座る姿や、書類とペンを手にする様子、スーパーマーケットで子供を抱く女性と向かい合うさまが収められている。

「スキャンダル」新場面写真

キッドマンは本作に参加するきっかけについて「オファーが来たのは『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン2の撮影現場だったの。メリル(・ストリープ)に相談したら、『ぜひともやるべき』と言われて。彼女のアドバイスに従ってよかったと、心から思ってる」と述懐。グレッチェンを演じるにあたり、過去のポッドキャストやインタビューをリサーチし、独特のアクセントやリズム、手の動かし方などを研究したという。また、セクシャルハラスメントという題材については「もはや女性だけが被害者ではなくなっていると思う。男性も権力の乱用や虐待に遭った人がいる。なによりも大事なのは、みんなにとって安全な環境を作ることだと思う」と自身の考えを述べた。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のジェイ・ローチが監督を務めた「スキャンダル」は、2月21日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

(c)Lions Gate Entertainment Inc.

映画ナタリー