映画ニュース

最終更新日:2019年12月31日 17:08

ジュリエット・ビノシュが髪を振り乱し踊る、主演作の映像と監督コメントが到着

ジュリエット・ビノシュ主演作「私の知らないわたしの素顔」より、本編映像の一部がYouTubeで公開された。

「私の知らないわたしの素顔」ポスター

本作はビノシュ演じる50代の大学教授クレールが、SNSで24歳のクララになりすますさまを描いたサイコサスペンス。Facebookで出会った青年との恋を楽しむ彼女だったが、徐々にSNSの罠にはまっていく。ビノシュがクレールを演じたほか、クレールの秘密を突き止める精神分析医にニコール・ガルシア、クララに恋する青年アレックスに「おかえり、ブルゴーニュへ」のフランソワ・シヴィルが扮した。

「私の知らないわたしの素顔」

映像には、同年代の友人たちとのパーティに出席したクレールの姿を収録。気分が高揚し髪を振り乱して踊る彼女だったが、車内で1人きりになると即座にアレックスに電話をかけ、「最悪だった」「平均年齢55歳よ、マジでムリ」と愚痴をこぼす。

監督を務めたサフィ・ネブーも、本作の脚本を執筆している最中にSNS上で女性にだまされたという。ネブーは「信じられないでしょう。私は3カ月間にわたって“成りすまし”とコンタクトしていたんです。この経験から脚本に必要な多くのインスピレーションを得ましたし、いくつか実際にあったことも入っています」と話している。

また、シヴィルとの撮影についてネブーは「映画の前半、彼は電話を通して多くの感情を表現しなければなりませんが、それは容易なことではありません。実際の状況に可能な限り近くすべくジュリエットとフランソワは順撮りし、セットでの撮影までは2人を会わせずにおいたことがうまくいきました」と裏側を明かした。

「私の知らないわたしの素顔」は、1月17日より東京のBunkamura ル・シネマほか全国で順次ロードショー。

※「私の知らないわたしの素顔」はR15+指定作品

(c)2019DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-SCOPE PICTURES

映画ナタリー