映画ニュース

最終更新日:2019年12月28日 14:43

池松壮亮が日スポ大賞で主演男優賞に輝き「宮本らしくない」、松坂桃李&蒼井優も登壇

第32回日刊スポーツ映画大賞の表彰式が、本日12月28日に東京都内で開催され、「宮本から君へ」で主演男優賞を受賞した池松壮亮が登壇した。

第32回日刊スポーツ映画大賞の表彰式にて、左から蒼井優、池松壮亮、松坂桃李。

池松壮亮

新井英樹の同名マンガをテレビドラマ版に続き実写化した本作で、主人公の若き営業マン・宮本を演じた池松。7年前ほど前から何度も頓挫しながら本作に挑んだと明かし、「『もう駄目なんじゃないか』という日を何度も迎えました。当時を思うと、今こうして立っているのはできすぎのような気もします。連戦連敗の負け男としてセールスしている主人公の宮本からすると“らしくない”気もしますが、この役と心中しようと決めてから、何度も絶望をこの作品で見て、それでも信じてきたので格別な思いがあります」としみじみ語る。そして「来年30歳になるので、若手とは言ってられない。もっと高く深く、映画と対峙していければと思っております」と気持ちを新たにした。

松坂桃李

表彰式には、前年に「娼年」「不能犯」で同賞を受賞した松坂桃李も登壇。「(池松の)アクションシーンを見ると『劇場版 MOZU』での共演がよみがえります。撮影中に、どちらかの手を池松さんが骨折したんですけど誰にも言わずにやり遂げていました」とエピソードを披露すると、池松は「自分では骨折したってわかってなかったんです。大したことないです」と謙遜する。

左から池松壮亮、蒼井優。

また「宮本から君へ」で中野靖子に扮した蒼井優も駆け付けた。池松と蒼井はどちらも福岡出身。司会者から“名コンビ”と言われると、池松は「ずっと背中を追ってきました。福岡の誇りです」とひょうひょうと述べ、蒼井も照れつつ「撮影中から素晴らしかった。日本映画界にとっての宝だと思っています」と返した。

「宮本から君へ」は現在も一部の劇場で上映中。また、助成金不交付決定処分取り消し訴訟に関するクラウドファンディングがREADYFORで行われている。

映画ナタリーでは引き続き、表彰式の模様をレポートする。

映画ナタリー