映画ニュース

最終更新日:2019年12月28日 10:03

チョウ・ユンファが全開だ!「贋札王」特別映像&新写真10点解禁

チョウ・ユンファとアーロン・クォックが共演する「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」の特別映像がYouTubeで公開。あわせて新たな場面写真10点が到着した。

「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」新場面写真

「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」新場面写真

「インファナル・アフェア」シリーズの脚本家であるフェリックス・チョンが監督を務めた本作では、“贋作の名人”レイが“画家”と名乗る正体不明の男に認められ、偽札組織で働くさまが描かれる。偽札組織を運営する“画家”にチョウ・ユンファ、レイにアーロン・クォックが扮したほか、チャン・ジンチューが共演に名を連ねた。

「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」新場面写真

「男たちの挽歌」への出演で知られ、アジアの映画王を意味する“亜州影帝”の異名を持つチョウ・ユンファ。このたび公開された映像は彼が演じる“画家”にスポットを当てたもの。2丁拳銃ならぬ2丁ライフルを披露する場面からスタートし、「鍛えて!走って!撃ちまくる!」というテロップとともにアクションシーンが切り取られていく。終盤には「チョウ・ユンファが全開だ」というナレーションも。

「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」新場面写真

チョウ・ユンファは「1980年代、私はいろいろなガン・アクションをやりましたが、本作ではまた違った自分を見てもらえるはず」と自信をのぞかせる。またフェリックス・チョンは「劇中の重要な役柄を、香港映画の黄金期を支えたチョウ・ユンファが演じ、1980年代の香港映画黄金期を思い起こさせる素晴らしいアクションシーンを再現しています」とコメント。さらに「現在60歳を過ぎている彼ですが、スタントを使ったのは“将軍”のアジトで床に転がるシーンのみです」と明かし、「半ば引退状態だったチョウ・ユンファが、この作品に出たあと引退を撤回しました」と語った。

第38回香港電影金像奨で、最多7部門を制した「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」は2月7日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。

(c)2018 Bona Entertainment Company Limited

映画ナタリー