音楽ニュース

最終更新日:2019年12月27日 14:21

「最後まで愛おしくってごめんね!」カントリー・ガールズが貫き通した“ももちイズム”

カントリー・ガールズが本日12月26日に東京・LINE CUBE SHIBUYAで単独公演「カントリー・ガールズ ライブ2019 ~愛おしくってごめんね~」を開催。本公演をもって活動を休止した。

「カントリー・ガールズ ライブ2019 ~愛おしくってごめんね~」の様子。(写真提供:アップフロントグループ)

カントリー・ガールズは2014年11月、カントリー娘。から名称を改める形で始動。カントリー娘。の里田まいをスーパーバイザー、Berryz工房の嗣永桃子をプレイングマネージャーに迎えて活動をスタートさせた。その後メンバーの加入や卒業を経て、2017年夏より森戸知沙希と船木結は他グループとの活動を兼任し、山木梨沙と小関舞は学業との両立のため、学校の休みの日や長期休暇中での稼働をメインに活動。今年10月、このLINE CUBE SHIBUYA公演をもって全員が卒業し、メンバーを一新して再始動することが発表された。チケットがソールドアウトした本公演には約1800人のファンが集結。ライブの模様はdTVチャンネルや全国27カ所のライブビューイング会場で生中継された。

「カントリー・ガールズ ライブ2019 ~愛おしくってごめんね~」の様子。(写真提供:アップフロントグループ)

メンバーカラーを基調とした華やかな衣装に身を包んだカントリー・ガールズは、1stシングル曲「愛おしくってごめんね」で現体制ラストライブの幕を開ける。会場に力強いコールが響き渡る中、続けて4人は「わかっているのにごめんね」「書いては消しての”I Love You”」をキュートに披露。森戸は「今日のためにひさしぶりにポニーテールにしてみました!」と初期のトレードマークだったポニーテールを復活させたことをアピールし、ファンから歓声を浴びた。次のブロックではオールディーズを彷彿とさせる「シャイニング 愛しき貴方」や、さわやかな雰囲気の「恋がステキな季節」などカントリー娘。時代の楽曲を含む5曲が立て続けに歌われた。

「カントリー・ガールズ ライブ2019 ~愛おしくってごめんね~」の様子。(写真提供:アップフロントグループ)

「あなたにとってSEXYとは?」というテーマについて熱弁するVTRのあとには、4人が黒のセクシーな衣装に着替えてステージへ。「色っぽい女 ~SEXY BABY~」のほか、ロックンロールテイストの「ブギウギLOVE」「Good Boy Bad Girl」をクールにパフォーマンスし、場内をヒートアップさせていく。これまでカントリー・ガールズが楽屋などで“セクシー対決”を繰り広げてきたことに触れた山木は、「セクシーさにも真剣に取り組んできたので、その集大成もお見せできたんじゃないかなと思います」と感想を語った。さらに彼女たちは「待てないアフターファイブ」や「先輩 ~LOVE AGAIN~」「傘をさす先輩」を大人びた表情で歌唱。力強い煽りと共に突入したラストスパートでは「リズムが呼んでいるぞ!」の曲中にコール&レスポンスを展開して一体感を生み出したほか、トランス風のアレンジの「浮気なハニーパイ(2015 カントリー・ガールズVer.)」や、12月4日発売のベストアルバム「カントリー・ガールズ大全集(1)」に収録されているつんく♂作詞作曲の新曲「ずっとずっと」を披露した。

「カントリー・ガールズ ライブ2019 ~愛おしくってごめんね~」の様子。(写真提供:アップフロントグループ)

熱烈な「カントリー!」コールに応える形で始まったアンコールでは、4人が鮮やかなドレス姿で登場し、ももちのコーラスが入った「気ままな片想い」を歌唱。卒業していくももちへ贈る曲として制作された「アイドル卒業注意事項」の曲中には、メンバー1人ひとりがファンへのメッセージを読み上げた。3月をもってアンジュルムおよびハロー!プロジェクトからも卒業し、芸能活動を休止する船木は「これから私は自分の力を試すために旅に出ます。船木ロスになる人もいるでしょう。そんなときは姿勢を低くしてみてください。147cmの世界、その世界に私はいます」と笑いを誘う。また大学への進学を目指しつつ、個人での芸能活動にチャレンジする小関は「まだまだ私には秘めたものがあります。皆さんが気が付かない魅力であふれています。そこを磨いてまた戻ってきます。それまで人を見る目を磨いておいてください」と呼びかけ、引き続きモーニング娘。’19のメンバーとして活動する森戸は「またカントリー・ガールズのメンバーの情報をお届けできるかもしれません。ぜひ遠慮せずに聞きに来てください。情報料はいただきませんので」とにっこり。芸能活動に区切りをつけて新しい道に進む山木は「万が一どこかの脱出ゲームで見かけたときは絶対に話しかけないでください。真剣に謎を解いています」と語りかけた。常にユーモアとアイドルらしさを忘れない“ももちイズム“を見せつけた彼女たちは、その後「最後まで愛おしくってごめんね!」と“ごめんねポーズ”を決め、涙を堪えつつ「卒業はサヨナラと違うものさ」と歌い上げた。

「カントリー・ガールズ ライブ2019 ~愛おしくってごめんね~」の様子。(写真提供:アップフロントグループ)

曲が終わると、カントリー・ガールズはファンに向けて改めて挨拶。船木は泣きながら「カントリー・ガールズになって出会えたすべての方に本当に感謝です」と胸の内を伝え、小関は「どんなに挫けそうになっても、自分に自信を持つことだけは忘れないようにしていました。まあ私のかわいさは今……『今』って言ったさっきの私よりも今、という感じで更新されているので、これからどんどん成長していく姿を見守っていてほしいです」と述べる。続く森戸は「今日はこんなに観てくださる方がいて、本当に私たちは幸せ者だなと思いました」と話し、山木は「カントリー・ガールズで過ごした5年間は宝物です。私はファンの皆さんと作るこの幸せいっぱいな空間が大好きなので、最後まで幸せいっぱいに過ごしていきたいと思います。本当にありがとうございました!」としっかりとした口調で語った。そして4人が5年間の活動を締めくくる楽曲として歌ったのは「VIVA!!薔薇色の人生」。歌い終えたメンバーは盛大な拍手が響き渡る中、笑顔でステージをあとにした。

カントリー・ガールズ「カントリー・ガールズ ライブ2019 ~愛おしくってごめんね~」2019年12月26日 LINE CUBE SHIBUYA セットリスト

01. 愛おしくってごめんね
02. わかっているのにごめんね
03. 書いては消しての”I Love You”
04. ピーナッツバタージェリーラブ
05. シャイニング 愛しき貴方
06. BYE BYE 最後の夜
07. 夏色のパレット
08. 恋がステキな季節
09. 色っぽい女 ~SEXY BABY~
10. ブギウギLOVE
11. Good Boy Bad Girl
12. 待てないアフターファイブ
13. 先輩 ~LOVE AGAIN~
14. 傘をさす先輩
15. 恋はマグネット
16. 恋泥棒
17. 妄想リハーサル
18. リズムが呼んでいるぞ!
19. 浮気なハニーパイ(2015 カントリー・ガールズVer.)
20. ずっとずっと
<アンコール>
21. 気ままな片想い
22. アイドル卒業注意事項
23. VIVA!!薔薇色の人生

音楽ナタリー