映画ニュース

最終更新日:2019年12月23日 12:08

マイケル・B・ジョーダンが新人弁護士演じる「黒い司法」の新たな場面写真到着

マイケル・B・ジョーダンの主演作「黒い司法 0%からの奇跡」のメインビジュアルと新場面写真が到着した。

「黒い司法 0%からの奇跡」新場面写真

「黒い司法 0%からの奇跡」メインビジュアル

本作は、アメリカの弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話を映画化したもの。黒人への差別が根強い1980年代のアラバマ州を舞台に、冤罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士のブライアンが無罪を勝ち取るべく立ち上がるさまを描く。「ブラックパンサー」のジョーダンがブライアン、「ベイビー・ドライバー」のジェイミー・フォックスがウォルターを演じたほか、「キャプテン・マーベル」のブリー・ラーソンがブライアンとともに法律事務所で働くエヴァに扮した。

「黒い司法 0%からの奇跡」新場面写真

新場面写真にはブライアンとウォルターが向き合う様子や、エヴァがブライアンを見つめる様子が収められている。また、メインビジュアルには「今こそ、【真の正義】を問う」というコピーが添えられた。本作は2019年におけるナショナル・ボード・オブ・レビューにて表現の自由賞を受賞し、第19回大人のための映画賞ではBest Buddy Picture賞にノミネート。フォックスは同映画賞の助演男優賞、全米映画俳優組合賞の助演男優賞にノミネートされている。

「ショート・ターム」のデスティン・ダニエル・クレットンが監督を務めた「黒い司法 0%からの奇跡」は2月28日より全国ロードショー。

(c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

映画ナタリー