映画ニュース

最終更新日:2019年12月19日 20:53

岩井俊二と松たか子「ラストレター」での再会語る、森七菜は広瀬すず愛を告白

「ラストレター」の完成披露舞台挨拶が本日12月19日に東京・イイノホールで行われ、キャストの松たか子、広瀬すず、森七菜、監督を務めた岩井俊二が登壇した。

「ラストレター」の完成披露舞台挨拶の様子。左から岩井俊二、広瀬すず、松たか子、森七菜。

宮城を舞台とする本作は、手紙の行き違いをきっかけに始まった2世代の男女の恋愛と再生を描くラブストーリー。松が主人公・岸辺野裕里を演じ、広瀬が裕里の姉・未咲の高校時代と未咲の娘・遠野鮎美、森が高校時代の裕里と彼女の娘・颯香に扮した。

松たか子

岩井とは「四月物語」以来のタッグとなった松は「(『四月物語』の卯月も『ラストレター』の裕里も)『それでいいよね』っていうささやかな報われ方をする人物だったので、私に通じるものがあるのか、岩井さんが女性にそういう部分を見るのか……謎が深まりました」と笑う。久々に参加した岩井組の感想を問われると「岩井さんの考えは岩井さんにしかわからないので、必死に追いつくというか、一生懸命やってみせるということが活発な現場でした。すごく美しい風景の中で演じる解放感もあり、ラッキーな現場だったように思います」と答えた。

岩井俊二

岩井は「『四月物語』はとてもハンドメイドな作品でした。いたずらっぽい映画を作ろうという共犯関係を結んでいた松さんは、相棒のような感じ。久しぶりに現場で一緒になれてホッとしました。なんだか憎めないキャラクターというところで卯月と裕里はよく似ていて、そういう役だから松さんが浮かんでくるのかなと思います」とコメント。「Love Letter」に出演した中山美穂と豊川悦司が本作に参加していることから、両作の共通点を問われると「どちらも手紙の話なので、無関係に作るよりは、似せちゃって違いを見てもらおうかなと。姉妹編という気持ちもあったかもしれません」と述べた。

広瀬すず
左から岩井俊二、広瀬すず。

広瀬は「岩井さんの作品をずっと観ていて、いつかこういう作品に出たいなと思っていたので(出演が決まったときは)純粋にやったー!という気持ちでした」と喜ぶ。MCが、未咲と鮎美の2役を演じることに難しさを感じなかったかと聞くと、広瀬は「すごく大変だったというわけではないんですが、将来親子になる2人を演じるので、一瞬同一人物に見えるのもいいのかなと思っていました。そう考えているうちに撮影が終わってしまったので、今は大丈夫かなあと思っています」と心境を明かした。

森七菜
左から松たか子、森七菜。

森は撮影を振り返り「すごく楽しかったです!」と声を弾ませる。続けて「オーディションのとき、岩井監督に「『どうやったらこんなに素敵な映画が撮れるんですか?』と質問したら、『僕は何もしていないよ』と言われたので、落ちたなと思っていました」と苦笑。高校時代の裕里を演じるために、テレビで松の話し方やしぐさを研究したことを明かすと、松は「貴重な時間を私の観察に当てていただいて……」と驚きの表情を浮かべた。

左から岩井俊二、広瀬すず、松たか子、森七菜。

時を超えた初恋を描く本作にちなみ、キャスト陣に向けて「ずっと恋しているものは?」という質問が。「すぐに出てきました」と自信たっぷりの森が「広瀬すずさん」と回答すると、客席から歓声が起きた。デビュー前から広瀬のファンだったという森は「好きな気持ちは画面には映しちゃいけないと思って、撮影の最後まで封印して、『実は好きなんです』っていう手紙を渡したら、お返事に『知ってたよ』って(笑)」とはにかむ。広瀬は「マネージャーさんたちの情報で聞いてしまってたんです。お互い人見知りで最初にあまり話さないでいたら、ドキドキして話せなくなってしまって……」と照れくさそうに振り返った。

「ラストレター」は1月17日より全国ロードショー。

(c)2020「ラストレター」製作委員会

映画ナタリー