映画ニュース

最終更新日:2019年12月20日 14:08

欧州絶賛、北米酷評!「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」の予告解禁

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」の予告編がYouTubeで公開。新たな場面写真4点も到着した。

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」新場面写真

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」新場面写真

テリー・ギリアムが監督を務めた本作では、スランプに陥ったCM監督トビーが、10年前に撮影した映画でドン・キホーテ役に抜擢した老人ハビエルと再会したことで、奇怪な旅路へと巻き込まれていくさまが描かれる。アダム・ドライバーがトビー、ジョナサン・プライスが自身をドン・キホーテと信じる靴職人ハビエルを演じた。

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」新場面写真

映像はトビーの「アクション」というセリフからスタート。ベートーヴェンの「運命」をバックにトビーとハビエルの旅路が映し出される。さらに羊とキスをするトビー、目玉の付いた奇妙な化け物の姿などが切り取られた。また欧州では絶賛されている一方、北米では酷評されているとのこと。

このたび、ギリアムのファンである爆笑問題の2人のコメントも到着。太田光は「『叶わない夢』だと思いかけていた映画」、田中裕二は「七転び八起きという言葉がありますが、それ以上転んだんですよね? この映画。やっと日本公開。長かったですね。テリー・ギリアム監督もきっと草葉の陰で……ってまだ生きてました! とにもかくにも早く観たいです!」と述べている。

構想30年、計9回の企画頓挫を乗り越え完成に至った「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」は1月24日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

(c)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mato a Don Quijote A.I.E., Tornasol SLU

映画ナタリー