映画ニュース

最終更新日:2019年12月19日 11:23

目覚めたら妻が大スターに…“もう1つの世界”で戸惑う夫描くラブストーリー公開

「あしたは最高のはじまり」のユーゴ・ジェランが監督を務めた「Love at Second Sight(英題)」が「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」の邦題で5月1日から公開されることが決定。特報映像とティザービジュアルも到着した。

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」ティザービジュアル

本作はジェランが自身の結婚生活を見直すことで生まれたラブストーリー。人気SF作家として多忙な日々を送る夫ラファエルと小さなピアノ教室を開く妻オリヴィアの夫婦生活はすれ違いが続いていた。妻と大喧嘩した翌日、ラファエルは見覚えのない部屋で目覚める。そこは自分がしがない中学校教師で、妻が人気ピアニストとして活躍する“もう1つの世界”だった。自分本位だったラファエルは、立場が逆転した世界で自分を見つめ直していく。「私の知らないわたしの素顔」のフランソワ・シヴィルがラファエル、「マンク~破戒僧~」のジョセフィーヌ・ジャピがオリヴィアを演じた。

YouTubeで公開された特報は「目覚めたら、最愛の君は僕を知らなかった」というナレーションからスタート。“もう1つの世界”で戸惑うラファエルの姿が切り取られていく。オリヴィアに会いに行くも「お名前は?」と聞かれ、ラファエルが呆然とする様子も収められた。ティザービジュアルには、鼻と鼻が触れ合う距離で見つめ合う2人の姿に「もう一つの世界で、“愛”を知る──」というコピーが添えられている。

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」は東京・新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次ロードショー。

(c)2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS

映画ナタリー