映画ニュース

最終更新日:2019年12月18日 18:18

成田凌、助演男優賞に輝き「ちょっとだけ自信もらえた」、小松菜奈は助演女優賞に

第44回報知映画賞の表彰式が本日12月18日、東京のザ・プリンス パークタワー東京にて行われ、助演男優賞を獲得した成田凌と助演女優賞に輝いた小松菜奈が登壇した。

左から深川麻衣、成田凌。

成田凌

「チワワちゃん」「愛がなんだ」「さよならくちびる」の演技が評価され、同賞を贈られた成田。「愛がなんだ」で共演した深川麻衣は、成田へ花束を贈呈すると「成田くんは頭の中で用意していたことじゃなくて、その場で生まれるものをすごく大切にしていて。アドリブなども含め、できあがった作品を観てとても刺激を受けました」とたたえ、「ほんとにほんとにおめでとうございます!」と祝福した。

左から深川麻衣、成田凌。

スピーチで成田は「この会場を見渡しただけでも、これまでにご一緒した方がたくさんいらっしゃって。たくさんの方々に支えられてこの場に立てていることを、改めて実感しています」と感慨深げにコメント。「すごく不安な中で俳優をやっていたんですが、今ちょっとだけ自信をもらえた気がしています。これからもおごることなく、助演男優賞の名に負けない役者になっていかなきゃなと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします」と決意を新たにした。

小松菜奈

「来る」「閉鎖病棟―それぞれの朝―」に出演した小松は、「ここに立たせていただくのは、中島哲也監督の『渇き。』で報知映画賞の新人賞をいただいて以来なので、とても心にグッとくる思いがあります」「これからも1つひとつ向き合って作品を届けられたらいいなと思います」と喜びをにじませる。また「閉鎖病棟―それぞれの朝―」監督の平山秀幸は、父からのDVが原因で入院する高校生・島崎由紀を演じた小松が廊下を歩くシーンに触れ「台本には何も書かれていなかったので、どういう表情をするのか楽しみにしていたんです。小松さんの素晴らしい表情を見たときに今回の由紀が完成したと思いました」と振り返った。

映画ナタリーでは、同表彰式の様子を引き続きレポートする。

映画ナタリー