映画ニュース

最終更新日:2019年12月15日 11:48

劇場版「シンカリオン」完成、吉田鋼太郎の敵役に佐倉綾音が「120点」

「劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』」の完成披露が本日12月15日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの佐倉綾音、釘宮理恵、吉田鋼太郎、監督の池添隆博、主題歌を歌うBOYS AND MENが登壇した。

「劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』」完成披露上映会の様子。

左からE5はやぶさ MkII、ALFA-X。
佐倉綾音

新幹線が移動手段だけでなく変形ロボット“シンカリオン”として活躍する世界を舞台に、子供たちが運転士となり巨大な敵に立ち向かう本作。佐倉は「俺は『時間と言ったことを守る男』だからね! 速杉ハヤト役の佐倉綾音です。よろしくお願いしまーす!」と劇中の口癖を用いて挨拶し、「リアルにシンカリオンを楽しんでるお子さんの顔を見るのはキックフイベント以来。この愛されっぷりを目の当たりにできてうれしい」と会場を見回す。「登壇していない方々が敷いてくれたレールがあってこそ私たちは走れる」とほかのスタッフやキャストへの感謝を述べながら、「子供たちの笑顔を見れて、とっても感無量です」と公開を喜んだ。

左から佐倉綾音、釘宮理恵。

物語の鍵を握る少年ホクトに声を当てた釘宮が「みんなシンカリオン大好きー?」と呼びかけると、会場の子供たちは「大好きー!」と元気に応答。「初めて参加させていただきましたが、一気にシンカリオンが大好きになってしまいました。収録も楽しい時間が過ごせました!」と思いの丈を述べ、甥っ子にドクターイエローのプラモデルをプレゼントしたことを話しながら「映画も一緒に観たいと思います!」と続けた。

吉田鋼太郎
左から吉田鋼太郎、佐倉綾音。

ハヤトと敵対するナハネの参謀オハネフ役の吉田は、MCから「敵役はいかがでしたか?」と聞かれると「ときどき声優をやらせていただくんですが、ほとんどすべて敵役です」と笑ってコメント。ナハネ役の伊藤健太郎との共演に関して、「一緒に収録したんですが、伊藤健太郎くんは何度もやり直しをされていて。僕は大抵1回で終わりました(笑)。健太郎お兄さんは、それでヘトヘトになって今日は来ていません」と冗談を飛ばす。また佐倉がオハネフの声に関して「吉田鋼太郎さんだってわかるのに吉田鋼太郎さんっぽくない。声優として120点。素敵に彩っていただいてうれしいかぎりです」と称賛する場面も。

辻本達規
BOYS AND MENのライブパフォーマンスの様子。

BOYS AND MENの辻本達規は、新幹線超進化研究所北海道支部の指令員・渡島カムイ役でキャスティングされた。「本当に緊張感のある役。収録も大変緊張したんですが、僕たちの“ガンガンズダンダン”の精神で行ったれ!と思ってやりました」とテレビアニメ版のオープニングテーマ「進化理論」の歌詞を引用してアフレコ時の意気込みを振り返った。さらにBOYS AND MENは「進化理論」に加え、映画版の主題歌「ガッタンゴットンGO!」を生披露。振付や歌詞など「列車感がすごい」同曲に、佐倉は「本当に耳から離れなくなる。体がちょっと動いちゃう。みんなで踊れて楽しい曲」と夢中になっていた。

「劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』」は12月27日より全国ロードショー。

(c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019

映画ナタリー