音楽ニュース

最終更新日:2019年12月14日 14:51

X JAPAN・YOSHIKI、Kiss東京ドーム公演で夢の共演

YOSHIKI(X JAPAN)が12月11日にKiss最後のワールドツアー「END OF THE ROAD WORLD TOUR」の東京・東京ドーム公演にサプライズゲストとして登場した。

Kiss「END OF THE ROAD WORLD TOUR」東京ドーム公演よりYOSHIKI出演時の様子。

YOSHIKIにとってKissは、幼少期に父親の突然の死に直面して絶望の淵にいた彼を救ってくれた存在。1994年にはKissのトリビュートアルバム「KISS MY ASS」で、YOSHIKIが「Black Diamond」のオーケストラバージョンをプロデュースしたことをきっかけに両者の交流が始まり、近年はYOSHIKIがホストを務めるニコニコチャンネル「YOSHIKI CHANNEL」にKissのメンバーがたびたび出演していた。

Kiss「END OF THE ROAD WORLD TOUR」東京ドーム公演よりYOSHIKI出演時の様子。

Kissの東京ドーム公演では、アンコールでポール・スタンレー(Vo, G)が「今日は俺たちにとって特別な日だ。俺たちの親友、そして日本を代表するロックスターのYOSHIKIが一緒に演奏してくれるぞ!」とYOSHIKIを紹介。YOSHIKIがステージに姿を見せると、予想外の展開に東京ドームいっぱいに大歓声が響きわたった。KissはYOSHIKIのピアノ演奏で名バラード「Beth」を披露。エリック・シンガー(Dr, Vo)の歌声とYOSHIKIの奏でるピアノの音色に合わせ、場内には観客の持つスマートフォンのライトが揺れて幻想的な光景が広がった。演奏後にYOSHIKIはメンバー全員とハグ。ポールは「YOSHIKI、アリガトウゴザイマス! No.1!」と彼を褒め称え、「YOSHIKIが演奏してくれることは俺たちにとってとても光栄なこと」とコメントした。さらにYOSHIKIはドラムに向かい、Kissと「Rock and Roll All Nite」をパフォーマンスして熱狂を生み出した。

なおYOSHIKIは12月17日に行われるKissの大阪・京セラドーム大阪公演にも出演する。

音楽ナタリー