映画ニュース

最終更新日:2019年12月13日 17:13

トニー賞4冠のミュージカル「イン・ザ・ハイツ」映画化、US版予告も到着

ブロードウェイミュージカルの「イン・ザ・ハイツ」が映画化。2020年夏に公開される。

「イン・ザ・ハイツ」

「イン・ザ・ハイツ」

「イン・ザ・ハイツ」は、ミュージカル「ハミルトン」やディズニーアニメ「モアナと伝説の海」の作詞作曲を手がけたリン=マニュエル・ミランダの処女作。米ニューヨークの一角にあるワシントンハイツを舞台に、移民たちが夢や希望を抱きながらエネルギッシュに生きていく姿が描かれる。ミュージカル版は2008年にトニー賞4部門、2009年にグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞に輝いた。

映画版の監督を務めるのは、「クレイジー・リッチ!」のジョン・M・チュウ。キャストには「アリー/ スター誕生」のアンソニー・ラモス、「キングコング:髑髏島の巨神」のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライターのレスリー・グレース、「カルメン」のメリッサ・バレラ、ミュージカル版「イン・ザ・ハイツ」のオルガ・メレディス、「スター・ウォーズ」シリーズのジミー・スミッツが名を連ねた。現在YouTubeでは、US版の予告編が公開中だ。

映画ナタリー