映画ニュース

最終更新日:2019年12月10日 15:03

「鹿の王」監督は「君の名は。」作画手がけた安藤雅司、9月に公開決定

アニメ映画「鹿の王」の公開日が9月18日に決定。「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「君の名は。」の作画監督として知られる安藤雅司が監督を務める。

「鹿の王」イメージカット

「鹿の王」原作小説1巻書影 (c)KADOKAWA CORPORATION

原作となる上橋菜穂子の小説「鹿の王」は、かつて祖国のために騎士団“独角”の頭として戦っていたものの、岩塩鉱で働く奴隷に身をやつしたヴァンの物語がつづられる医療ファンタジー。謎の病が発生した岩塩鉱から逃げ出したヴァンが幼い少女を拾う一方、ある医術士ホッサルは移住民だけが患うとされる病の治療法を懸命に探していた。感染から生き残った血のつながらない父子と、命を救うため奔走する医師が過酷な運命に立ち向かうこととなる。アニメーション制作を担当するのは「攻殻機動隊」シリーズのProduction I.G。

本作が初監督作となる安藤はキャラクターデザインと作画監督も兼任する。共同監督は「千と千尋の神隠し」で監督助手、「伏 鉄砲娘の捕物帳」で監督を務めた宮地昌幸。テレビアニメ「ハイキュー!!」シリーズや「僕だけがいない街」の岸本卓が脚本の筆を執る。

(c)2020「鹿の王」製作委員会

映画ナタリー