映画ニュース

最終更新日:2019年12月05日 08:03

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」ラミ・マレック演じる悪役登場の予告編

「007」シリーズ第25弾「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の公開日が4月10日に決定。あわせて予告編が到着した。

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

これまでに4回ジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグが続投する本作。ジャマイカで穏やかな生活を満喫していたボンドが、CIA出身の旧友に助けを求められたことで、誘拐された科学者を救出する任務に挑むさまが描かれる。レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、アナ・デ・アルマス、ラッシャーナ・リンチ、ビリー・マグヌッセン、ラミ・マレックもキャストに名を連ねた。

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

YouTubeで公開された予告編の冒頭には、何者かに追われるボンドが高所から飛び降りる場面を収録。続いて、00(ダブルオー)のコードネームを持つ女性エージェントの登場シーンが映し出される。またセドゥ演じるマドレーヌの秘密が示唆されており、クリストフ・ヴァルツ扮するフランツが「彼女の秘密を知ったとき、君に死が訪れる」とボンドに言う場面も切り取られた。後半にはマレック演じる悪役の姿も。

キャリー・ジョージ・フクナガが監督を務めた「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」は全国でロードショー。

映画ナタリー