映画ニュース

最終更新日:2019年12月02日 20:08

造形美がすごすぎる!真剣佑は「サヨまで」男性陣の憧れ、匠海はおしゃれ決め込みたい

「サヨナラまでの30分」の完成披露試写会が本日12月2日に東京・有楽町朝日ホールで行われ、キャストの新田真剣佑、北村匠海(DISH//)、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、監督の萩原健太郎が登壇した。

「サヨナラまでの30分」完成披露試写会の様子。

本作は、1年前に死んだミュージシャンのアキと人付き合いが苦手な大学生・颯太を中心にした青春音楽ラブストーリー。あるカセットテープが再生される30分間だけ颯太の体を借りられるアキが、メジャーデビュー目前で解散した自身のバンド・ECHOLL(エコール)の再結成に奔走するさまが描かれる。新田がアキ、北村が颯太を演じた。

左から北村匠海、新田真剣佑。

新田演じるアキは、北村扮する颯太にだけ見えるというキャラクター。新田が「みんなから見えていないのは、ちょっとさみしいところがありました」と言いながらも親しげな様子で北村の肩に手を置くと、客席から歓声が上がり、北村は「みんなに勘ぐられちゃうから」と焦る。続いて北村は「ずっとこうだったんです」と颯太とアキを演じ分ける難しさを体を前後に動かして表現し、「今でもあの頃に戻りたいくらい楽しかった」と撮影時を懐かしんだ。

「サヨナラまでの30分」完成披露試写会の様子。

イベントでは、本作のストーリーになぞらえて「30分だけ入れ替わるとしたら誰を選ぶ?」との質問が飛ぶ。進行役を買って出た北村が「30分で何をするかですよ! はい、挙手してください」と共演者たちに声をかけると、新田が「わかったわかったわかった!」と突然ひらめいた様子で叫び、「オリンピックの100m走で1位を獲った直後の人」と答えてほかのキャストから「一番きついよ?」「ゼエゼエしちゃうよ。でも気持ちいいだろうね」と声をかけられる。上杉は「脳みそがヤバい人」と前置きをして「頭の回転が早い人がどう考えているかを味わってみたい」とその理由を語った。

「サヨナラまでの30分」完成披露試写会の様子。

同じ質問に、北村は「柊平くんと入れ替わって……あっ、中身は俺なのか。ダメだ」と嘆いたあと「ゴリゴリにラップをしてみたい」「183cmくらいになってバチバチにおしゃれ決め込んで、渋谷でファッションスナップを撮られたい」と願望を明かす。久保田は「私は清さん(清原)。男の人になったらできることが増えそう」とのんびりとした口調で話した。

キメ顔を披露する新田真剣佑。
キメ顔を披露したあと、照れる新田真剣佑。

「僕はまっけん! このビジュアルで、俺、真剣佑だよって言いたい」と目を輝かせたのは葉山。その言葉を受けて、共演者たちから「造形美がすごすぎて!」「肉体美もすごい」と称賛の声を次々浴びせられた新田は、無言でさまざまなパターンのキメ顔を披露して会場を沸かせる。清原も新田への憧れを口にして「自分の限界より重いバーベルをバーンッ!と上げて、そのあと渋谷を歩きます」と夢を膨らませた。

最後に北村は「役と一緒に青春を取り戻せました。キラキラした時間を過ごしてもらえたらいいなと思います」と、新田は「映画、楽しんでください!」とファンに呼びかけ、ステージをあとにした。

(c)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

映画ナタリー