映画ニュース

最終更新日:2019年12月01日 12:13

「天空の城ラピュタ」を映画の街・調布のスクリーンで上映

「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」が、2月14日から3月8日にかけて開催。特別企画として2月29日より「天空の城ラピュタ」が上映される。

「天空の城ラピュタ」ビジュアル (c)1986 Studio Ghibli

スタジオジブリ制作の「天空の城ラピュタ」は、宮崎駿が監督を務めた長編冒険ファンタジー。映画祭では東京・イオンシネマ シアタス調布で、立体音響システム「ULTIRA(ウルティラ)」を用いて上映される。チケットは12月23日に発売。購入方法や上映スケジュールは劇場公式サイトで確認しよう。

「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」ロゴ

「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」は東京・調布市文化会館たづくりなどで開催。上映プログラムは順次発表される。

映画のまち調布 シネマフェスティバル2020

2020年2月14日(金)~3月8日(日)東京都 調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布ほか

「天空の城ラピュタ」

2020年2月29日(土)~3月8日(日)東京都 イオンシネマ シアタス調布
料金:一般、大学生 1100円 / 小学生~高校生 1000円 / 幼児 900円
※全席指定

映画ナタリー