映画ニュース

最終更新日:2019年11月29日 15:03

学生向けムービーアワードの受賞作が決定、別所哲也ら特別審査員として参加

学生を対象とした映画賞、第2回 TYO学生ムービーアワードの表彰式が11月28日に東京のザ・ガーデンルームで開催された。

第2回 TYO学生ムービーアワードの受賞者(前列)と審査員(後列)。

藤崎史織「くまのめ」

本アワードでは「探す」をテーマに、学生が自由に制作した60秒のショートフィルムを募集。エントリー総数576件の中から最終ノミネート5作品が選出され、さらに受賞作が決定した。選定には映像・オンライン業界で多くのCM制作に携わったディレクター陣をはじめ、特別審査員として資生堂のチーフクリエイティブディレクター・小助川雅人、俳優の別所哲也が参加した。

山津暢之「夢へ」

金賞は京都工芸繊維大学大学院1年の藤崎史織による「くまのめ」、銀賞は立命館大学1年の山津暢之による「夢へ」、銅賞は多摩美術大学4年の有嶋庸子による「Find me」に決定。審査員特別賞には立命館大学2年の石田康太による「FACE」、京都大学4年の定永悠樹による「モッパラ!!」が選ばれた。受賞作品はTYO学生ムービーアワードの公式サイトで視聴できる。

左から審査委員長の早川和良、受賞者の藤崎史織。

審査委員長の早川和良は「開催2回目を迎え、日本全国に素晴らしい才能を持った学生がいることがわかりました。そのような方々に映像制作を仕事として選んでいただき、映像業界に貢献できたらと思います。『探す』という1つのテーマでもアプローチが全員異なり、映像制作者という同じ立場から見ても、発想や演出方法など自分にはないものを感じました」と総評した。

受賞者コメント

藤崎史織(金賞「くまのめ」)

金賞をとれると思っていなかったので嬉しいです。大事なものをなくした時に頭の中が混乱した経験をストレートに表現しました。賞金は作品制作と学生にしかできない経験に使いたいです。

山津暢之(銀賞「夢へ」)

私は「夢を探す」ということを表現しました。夢を探すことは好きな人を探すことに似ていると感じ、“Boy Meets Girl”的な作品にしました。

有嶋庸子(銅賞「Find me」)

映像を見る側の視点が重要で、あっという間に感じてほしいと考えていました。「誰かがあなたを探している」というメッセージが自殺防止につながればというメッセージを込めました。

石田康太(審査員特別賞「FACE」)

これからの長い人生で最高の作品づくりをしていきたいです。限られた時間の中で自分の世界をいかに表現するかを考え、音楽とマッチさせて言語的な表現なしにメッセージを伝えるよう工夫しました。

定永悠樹(審査員特別賞「モッパラ!!」)

問題に困って道を探求することを表現してみました。制作するにあたって意識した勢いや意味のつかみにくさを評価してもらえてありがたく思います。

映画ナタリー