映画ニュース

最終更新日:2019年11月29日 12:08

僕は少し壊れてる…ノートンが1人4役務めた「マザーレス・ブルックリン」予告

エドワード・ノートンが監督・脚本・製作・主演の4役を担当した「マザーレス・ブルックリン」の予告編がYouTubeで解禁された。

「マザーレス・ブルックリン」

「マザーレス・ブルックリン」

1957年の米ニューヨークが舞台の本作は、障害を抱えているが驚異の記憶力を持つ私立探偵ライオネル・エスログを主人公とする物語。ライオネルをノートンが演じたほか、ブルース・ウィリス、ググ・バサ=ロー、アレック・ボールドウィン、ウィレム・デフォーがキャストに名を連ねる。

「マザーレス・ブルックリン」

予告編に収められたのは、ライオネルの「僕は少し壊れてる」という語りや彼が障害の発作に悩まされる姿。そして彼がボスであるフランクの死の真相を確かめるため捜査を続ける中で、鍵を握る女ローラ、権力を持つ男モーゼス、謎を知る男ポールらと出会うさまが切り取られていく。

「マザーレス・ブルックリン」は2020年1月10日より東京・新宿ピカデリーほかでロードショー。

(c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

映画ナタリー