映画ニュース

最終更新日:2019年11月26日 10:03

業界初、「男はつらいよ」最新作で中学生以下100円鑑賞キャンペーンを実施

「男はつらいよ お帰り 寅さん」の公開に際し、中学生以下の来場者は100円で鑑賞できるキャンペーンが実施される。

「男はつらいよ お帰り 寅さん」に出演している3人。左から富田望生、桜田ひより、倉島颯良。

対象となるのは3歳から中学生以下の来場者。公開初日の12月27日から2020年3月31日まで、税込100円で鑑賞できる。実施劇場は松竹マルチプレックスシアターズ。そのほかの劇場は交渉中だ。

「男はつらいよ お帰り 寅さん」ティザーポスター

監督の山田洋次は「先行き不透明で重く停滞した気分のこの時代を窮屈に生きる子供たちにこそ、『男はつらいよ』を知らないであろう彼らにこそ、『生まれてきて良かったなぁって思うことが何べんかあるじゃない。そのために人間生きてんじゃないのか』と優しく語りかけてくれる寅さんの存在や言葉を知って欲しい。そして、自由にのびのびと生きることの素晴らしさを大笑いしながら感じてくれたら、と心から願っています」と、業界初の試みとなる本キャンペーンにコメントしている。

本作は、寅さんこと車寅次郎を主人公とした「男はつらいよ」シリーズ第50弾。渥美清演じる車寅次郎が4K映像でよみがえるほか、新撮パートに倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子らが登場する。寅さんの甥・諏訪満男の娘ユリ役で桜田ひより、ユリの友人役で富田望生と倉島颯良も出演した。

「男はつらいよ お帰り 寅さん」は全国でロードショー。

(c)2019 松竹株式会社

映画ナタリー