映画ニュース

最終更新日:2019年11月25日 17:08

結木滉星「下忍 青い影」で「ルパパトとはまったく違う経験」、インタビュー到着

「下忍 青い影」で主演を務めた結木滉星のインタビューコメントが到着した。

結木滉星

「下忍 青い影」ポスタービジュアル

寛一郎の主演作「下忍 赤い影」との2部作となる本作。結木扮する琉球武術の達人・尚が薩摩藩士である隆正との諍いの末、江戸に流れ着いたことで物語が展開していく。「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で朝加圭一郎 / パトレン1号を演じた結木。坂口拓がアクション監修を担当した「下忍 青い影」を「まったく違う経験をしました。『ルパパト』の場合は“変身するまで”だったりするので、ジャンルは同じでもまったく違う内容のアクションで、時代劇も初めて。初めての主演でもあり、寛ちゃんと同じように僕自身も初めて尽くしでした」と語る。

結木滉星

さらにアクション演出について「映画的にかっこよく見せるっていうよりも、どちらかと言うと本当に斬りに行け、殺しに行けみたいな感じ。だから、そのマインドさえあれば、あとは自由みたいな幅がありました」と明かすと、撮影直前にワンカット撮影に変更があったことを「実際に撮影が始まるまでは不安で、そんなことできるのかって寛ちゃんとも話していましたが、でも無事に終わったときの達成感はハンパなかったですね」と回想。うまくなりたいという向上心が生まれたという訓練に関しては、「尚のスタイルは順手じゃなくて逆手なので、その練習をしたりしました。なので、今はどちらかというと順手よりも逆手のほうが得意ですね」と明かした。

結木滉星

「将来大河ドラマに出たい目標があるので、いい経験になりました」と本作の撮影を振り返った結木。理想の俳優は藤原竜也だそうで「憑依していると言われるほど役になりきっているのに、どこか藤原竜也さんじゃないですか。それが素敵だなって思って」「だから僕も、僕にしか出せない色で勝負したい。ほかの人が演じても同じじゃないかではなく、この人にしかないよね、と評価されたい」と意気込む。また「救いようがない犯罪者の役柄を演じたいですね。今までは正義感あるヒーロー的なキャラクター、いい人みたいなキャラクターが多かったけれど、正反対のキャラクターで驚かしたいですよね(笑)」と抱負を述べた。

山口義高が監督を務めた「下忍 青い影」は、東京・シネマート新宿ほかで上映中。

(c)2019「下忍」製作委員会

映画ナタリー