映画ニュース

最終更新日:2019年11月22日 21:23

映画と大衆芸能・浪曲をセットで鑑賞「映画ミーツ浪曲」関東3県で開催

「映画ミーツ浪曲」と題した上映会が、11月24日に神奈川・横浜シネマリン、26日に埼玉・深谷シネマ、27日に群馬・高崎電気館で行われる。

「映画ミーツ浪曲」横浜シネマリンのビジュアル

浪花節とも呼ばれる日本の大衆芸能・浪曲は、三味線の音色に乗せて、セリフと節で物語を伝える語り芸。「浪曲映画」という言葉が存在するほど、かつては浪曲の演目を題材にした映画が多く製作された。上映会では浪曲にまつわる映画を鑑賞したのち、浪曲師・玉川奈々福と曲師・沢村豊子による浪曲を楽しむことができる。

「映画ミーツ浪曲」深谷シネマのビジュアル

横浜シネマリンでは、昼の部で山中貞雄「河内山宗俊」と浪曲「天保六花撰 河内山と直侍」を、夜の部でマキノ雅弘「一本刀土俵入」と浪曲「阿武松 緑之助」を鑑賞可能。また深谷シネマでは浪曲映画の代表作と言われる「呼子星」と浪曲「金魚夢幻」、高崎電気館では群馬が生んだ浪曲界のスター・桃中軒雲右衛門の姿を描いた「雲右ヱ門とその妻」と浪曲「赤穂義士伝 俵星玄蕃」がセットとなった。

料金は2800円。スケジュールの詳細は各劇場の公式サイトで確認してほしい。

映画ナタリー