映画ニュース

最終更新日:2019年11月22日 19:53

「閉鎖病棟」中国・金鶏百花映画祭で2冠、男優賞受賞の鶴瓶がコメント発表

「閉鎖病棟―それぞれの朝―」が第28回金鶏百花映画祭の外国語映画部門で最優秀作品賞、最優秀男優賞を受賞。本日11月22日に中国・廈門(アモイ)で授賞式が行われた。

第28回金鶏百花映画祭の授賞式に出席した平山秀幸。

「閉鎖病棟―それぞれの朝―」

精神科病院を舞台にした「閉鎖病棟―それぞれの朝―」は、重い過去を背負いながらも明るく生きようとする患者たちの姿と、日常を一変させる殺人事件を描く物語。死刑執行失敗により生きながらえた梶木秀丸を笑福亭鶴瓶、幻聴に苦しむチュウさんを綾野剛、不登校の女子高生・由紀を小松菜奈が演じた。

第28回金鶏百花映画祭の授賞式に出席した平山秀幸(右)。

“中国版アカデミー賞”とも呼ばれる金鶏百花映画祭。授賞式には、監督の平山秀幸とプロデューサーの三宅はるえが出席した。最優秀男優賞を受賞した鶴瓶は出席できなかったが「本当にみんなが望んでいた作品だったものですから、僕が皆さんの代わりに受賞したということで非常に光栄に思います。特に文化の違う中国で選んでいただいたのはありがたいです」と喜びのコメントを発表している。

「閉鎖病棟―それぞれの朝―」は全国で公開中。

(c)2019「閉鎖病棟」製作委員会

映画ナタリー