映画ニュース

最終更新日:2019年11月21日 17:13

ハ・ジョンウがイ・ソンギュンに銃突き付ける「PMC:ザ・バンカー」予告公開

ハ・ジョンウが主演を務める「PMC:ザ・バンカー」の日本版ポスタービジュアルが完成。日本版予告編もYouTubeで公開された。

「PMC:ザ・バンカー」日本版ポスタービジュアル

「PMC:ザ・バンカー」

韓国と北朝鮮の軍事境界線“DMZ”の地下30mに広がる巨大要塞(バンカー)を舞台とし、極秘ミッションが度重なる誤算に見舞われ“戦争”へと発展していく本作。「テロ,ライブ」の監督キム・ビョンウがメガホンを取り、同作で主演を務めたハ・ジョンウが民間軍事会社(PMC)の傭兵エイハブに扮した。「パラサイト 半地下の家族」のイ・ソンギュンが、本来は敵同士だがエイハブに協力する北朝鮮のエリート医師ユンを演じている。

「PMC:ザ・バンカー」

予告編は「仲間を捨てれば助かるが、守れば危険にさらされる。お前ならどうする?」というエイハブの問いかけからスタート。極限の状況下で繰り広げられる臨場感たっぷりの戦闘シーンや、銃を突き付けるエイハブにユンが「ハメられたんだ」と応じる姿も収録されている。

ハ・ジョンウはアメリカで1カ月以上トレーニングし、本編の6割で英語ゼリフをこなした。イ・ソンギュンも方言指導のもと、ソウルの標準語が混じった北朝鮮なまりというディテールを表現。撮影、照明、武術、CGなどを担う各技術部には、ハ・ジョンウ主演の「神と共に」のチームが再結集した。ノンストップの攻防戦はPOV方式やドローンの視点を取り入れたカメラワークで映し出される。

「PMC:ザ・バンカー」は、2020年2月28日より東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。

(c)2018 CJ ENM CORPORATION, PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリー