映画ニュース

最終更新日:2019年11月21日 12:03

台湾アニメ「幸福路のチー」監督も号泣した吹替版のダイジェスト映像解禁

台湾発の劇場アニメ「幸福路のチー」より、日本語吹替版のダイジェスト映像がYouTubeで公開された。

「幸福路のチー」

「幸福路のチー」

祖母の死をきっかけにアメリカから台湾・幸福路に帰郷した女性チーが、幼い頃の思い出とともに今の自分を見つめ直すさまを描いた本作。吹替版では、安野希世乃が子供と大人両方のチー、LiLiCoがチーの祖母、高森奈津美が親友ベティ、沖浦啓之が従兄のウェン、宇野なおみが小学校の教師に声を当てた。

「幸福路のチー」
「幸福路のチー」

台湾の歌手ジョリン・ツァイが歌うテーマ曲「幸福路上 / On Happiness Road」が流れるダイジェスト映像。大人になって故郷へ帰ってきたチーの迷い、幼いチーとおばあちゃんやベティとの絆、年老いた両親とのシーンが切り取られている。日本語吹替版の演出をした「ちえりとチェリー」の中村誠が編集を手がけた。先日来日した監督のソン・シンインもこの映像を観て号泣していたという。

「幸福路のチー」は11月29日より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次ロードショー。なおソン・シンインが京都への留学経験をつづったエッセイ「いつもひとりだった、京都での日々」が全国で販売中だ。

(c)Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリー