映画ニュース

最終更新日:2019年11月19日 13:38

渋谷PARCOに“真っ白”な空間、新映画館・ホワイトシネクイントお披露目

東京・渋谷PARCOの8階に新たな映画館、WHITE CINE QUINTO(ホワイト シネクイント)が11月22日にオープンする。それに先駆け、本日11月19日にメディア向け内覧会が行われた。

WHITE CINE QUINTOロビー

WHITE CINE QUINTOの周辺。

渋谷PARCO建て替えのために2016年から休館後、渋谷シネパレス跡地に復活したシネクイントに続いてスタートする同劇場。“来場すること自体がイベントとなるミニシアター”をテーマに、映画や映画館の概念にこだわらず、非映画コンテンツの作品や実験的な企画も提供していく。

フード&ドリンクカウンター

「WHITE」には「新しい発見、可能性、才能、楽しみ方、無限に広がる無垢な場所」という意味が込められており、映画館は名前の通り白を基調とした内装。1スクリーンとフード&ドリンクカウンター、グッズコーナーで構成されている。シアター内は横長の作りで、108席と1台分の車椅子スペースが設置された。

WHITE CINE QUINTO劇場内の様子。(c)2018 TOKYO LEE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

公開ラインナップは11月22日に封切られる草間彌生のドキュメンタリー「草間彌生∞INFINITY」を皮切りに、ミュージシャン矢野顕子のドキュメンタリー「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~(2017デジタル・リマスター版)」の特別上映、NYLON JAPAN創刊15周年プロジェクトとして製作された「転がるビー玉」、フォトグラファーと読者モデルの恋模様を描く「猿楽町で会いましょう」などが控える。

渋谷PARCO外観

パルコのエンタテインメント事業部コンテンツ事業担当 映画チーム・チーフプロデューサーの堤静夫は「新しい映画館、特に1スクリーンの単館ですから、何か特色を付けなければと。せっかく渋谷PARCOにオープンするんですから、まずはお客様とマッチするアート、ファッション、音楽というテーマを掲げてスタートします」と作品選びについて説明。シネクイントと差別化を図りつつも「時間とともに変わっていくと思うので。お客さんの観たいものや時代に対応していけたら」と展望を語る。

各シートの両側に肘置きが設置されている。

また特色の1つとして、劇場内の座席には各シートにつき両側に肘置きとカップホルダーが付いている。堤は「映画館でも電車でも、皆さん自分のスペースを確保することにこだわられている。映画館へ行くたびに『こっちの肘置きは誰のもの』となるのも嫌じゃないですか。なので1人分のスペースをきっちり確保することも意識しました」とアピールした。

JUMPSHOP
Pokemon Center SHIBUYA

なお渋谷PARCOには、週刊少年ジャンプの公式ショップ・JUMPSHOP、「刀剣乱舞-ONLINE-」の常設店・刀剣乱舞万屋本舗、東映アニメーションのグッズショップ・LB POP-UP THEATER、「ポケットモンスター」のショップ・Pokemon Center SHIBUYAなどアニメ、マンガ、ゲームなどのカルチャーを取り扱う店舗も多数オープンする。

映画ナタリー