映画ニュース

最終更新日:2019年11月17日 21:08

井浦新、地元開催のTAMA映画賞で最優秀男優賞を受賞し「感慨深いです」

第11回TAMA映画賞の授賞式が本日11月17日に東京・中央大学多摩キャンパスのクレセントホールで行われ、最優秀男優賞を獲得した井浦新が登壇した。

井浦新

井浦新

日野市出身の井浦は「私の完全なる地元ですので、TAMA映画賞でこのような賞をいただけたことをありがたく思います。中央大学を見ながら高校に通っていたので、感慨深いです」とほほえむ。主演作「嵐電」での演技について、井浦は「鈴木卓爾監督の作品が役者に突き付けてくるものは基本すべて難しいんです。役者が考えて感じてきたものを、どう監督に見せるかというやり取りしかないので、監督とキャストが作品世界に生きる役を、手探りで演じていました」とコメントする。

しかし鈴木がキャストに「僕もわからないから、皆さんに演じてみてもらいたい」と話していたことを司会が紹介すると、井浦は「なんて素敵な演出をしてくれるんだと思いました。わからないからやってみよう、というのは表現においてもっとも純粋な動機だと思います。卓爾監督がその言葉を発したとき、一緒にやってみようという気持ちを感じて心強かったです」と思いを口にした。

山崎努の代理で登壇した中野量太。

同じく最優秀男優賞を受賞した山崎努は、都合のため出席が叶わず、代理として出演作「長いお別れ」で監督を務めた中野量太が登壇する。中野は「受賞の報告をしたところ、山崎さんは本当に喜んでいらっしゃいました。先ほど山崎さんとLINEでやりとりしていまして、『作品を評価してもらえてうれしい。感謝』とおっしゃっていました」と山崎のコメントを発表した。

映画ナタリーでは、同授賞式の様子を引き続きレポートする。第29回映画祭TAMA CINEMA FORUMは、11月23日から12月1日まで多摩市内の各所で開催。

※山崎努の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

映画ナタリー