映画ニュース

最終更新日:2019年11月17日 19:13

「愛がなんだ」岸井ゆきのがTAMA映画賞新進女優賞、「自分自身がテルコだった」

第11回TAMA映画賞の授賞式が本日11月17日に東京・中央大学多摩キャンパスのクレセントホールで行われ、最優秀新進女優賞を獲得した岸井ゆきの、シム・ウンギョンが登壇した。

岸井ゆきの

岸井ゆきの

最優秀新進女優賞は、本年度もっとも飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優を表彰するもの。「愛がなんだ」で一目惚れの相手マモルに一方通行の愛を捧げる主人公テルコを演じた岸井は「この賞は、作品の強さとテルコの生命力、監督やスタッフ、キャストの皆さんに支えられていただけたものだと思っています。この賞におごらず、でもおびえずに、岸井ゆきのはいいぞ、と思っていただけるよう誠実にやっていきたいと思います」と挨拶する。テルコ役の感想を問われると、「彼女の感情やマモルへの思いは思い出すことができるんですが、自分がどうやって役にアプローチしていたか思い出せないんです。撮影をしていたあの時期は、自分自身がテルコだったんだなと思います」と当時を思い起こした。

シム・ウンギョン

「新聞記者」での、国家権力の闇に迫ろうとする新聞記者・吉岡役が評価されたシム・ウンギョンは「記者という仕事を経験したことがありませんでしたから、ジャーナリズムをテーマにした映画を観たり、実際の新聞社を見学することが吉岡を演じるうえで役に立ちました。また、撮影のときは吉岡が何を言いたいのか考えながら、彼女の強い心に寄り添うように演技をしていました」と役作りを語る。また、スタッフやキャスト、関係者への感謝を口にし「日本でこのような貴重なステップを踏むことができて、感激しています」とほほえんだ。

映画ナタリーでは、同授賞式の様子を引き続きレポートする。第29回映画祭TAMA CINEMA FORUMは、11月23日から12月1日まで多摩市内の各所で開催。

映画ナタリー