音楽ニュース

最終更新日:2019年11月16日 16:36

Linked Horizon日本人初のサウジアラビア公演、現地ファンは左胸に拳を当て大興奮

Linked Horizonが、サウジアラビアで11月14日から16日にかけて開催中のイベント「SAUDI ANIME EXPO 2019」に出演し、日本人アーティストとして初めて同国でライブを行った。

Linked Horizonのライブに盛り上がる現地ファン。(Photo by Tsukasa Miyoshi / Showcase)

Linked Horizonのライブに盛り上がる現地ファン。(Photo by Tsukasa Miyoshi / Showcase)

「SAUDI ANIME EXPO」はサウジアラビア初の公式ジャパニメーションイベント。各種展示や体験コンテンツ、ステージパフォーマンスを通して、サウジアラビアに日本のアニメを発信している。開催地である首都リヤドの特設会場内メインステージには1万6000人もの観客が集まり、初めて観るLinked Horizonのライブパフォーマンスに現地ファンも興奮。これまでもLinked Horizonは積極的に世界各地でライブを行ってきたが、中東でのライブはこれが初となった。

Linked Horizonのステージの様子。(Photo by Tsukasa Miyoshi / Showcase)

この日のライブでLinked Horizonは、60名以上のキャストとスタッフを日本から帯同させ、通常のワンマンライブとほぼ同じステージを披露。テレビアニメ「進撃の巨人」シーズン1の前期オープニング主題歌「紅蓮の弓矢」でライブがスタートした瞬間から、会場は熱狂の渦に包まれた。1曲目を歌い終わったRevoは「こんばんは、Linked Horizonです。サウジアラビアには初めて来ましたが、今夜、皆さんと共に“イェーガー”ができて最高です! ありがとうございます」とアラビア語でのMCに挑戦。その後、松本英子が「14文字の伝言」を熱唱し、続いて福長実咲が「彼女は冷たい棺の中で」を歌い上げた。

Linked Horizonのステージの様子。(Photo by Tsukasa Miyoshi / Showcase)

最後にテレビアニメ「進撃の巨人」シーズン2オープニング主題歌「心臓を捧げよ!」が披露されると、会場中の人々が左胸に拳を当てる“心臓を捧げる”ポーズを決めながら大盛りあがり。歌い終えたRevoは再びアラビア語で「ありがとう、サウジアラビア。また会いましょう!」と現地のファンに感謝を伝え、サウジアラビアでの初ステージを締めくくった。

音楽ナタリー