映画ニュース

最終更新日:2019年11月14日 19:08

老いた美術商が人生最後のオークションに挑む、「ラスト・ディール」予告編

フィンランドの映画監督クラウス・ハロがメガホンを取った「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」の予告編がYouTubeで公開された。

「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」

「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」

本作は、作者不明の肖像画に魅せられた年老いた美術商オラヴィの物語。娘から職業体験のために孫オットーを預かることになったオラヴィは、オットーとともに肖像画の作者を探し始める。ハロの過去作「ヤコブへの手紙」のキャストでもあるヘイッキ・ノウシアイネンがオラヴィを演じたほか、ピルヨ・ロンカ、アモス・ブロテルス、ステファン・サウクが出演。「こころに剣士を」に続き、ハロが脚本家アナ・ヘイナマーとタッグを組んだ。

「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」
「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」

予告編には、肖像画の作者が近代ロシア美術の巨匠イリヤ・レーピンの作品であることに気付いたオラヴィの様子や、彼が人生を懸けた最後のオークションに臨むさまが収められている。

「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」は2020年2月28日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかでロードショー。

(c)Mamocita 2018

映画ナタリー